コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコウチュウ(夜光虫) ヤコウチュウNoctiluca scintillans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤコウチュウ(夜光虫)
ヤコウチュウ
Noctiluca scintillans

原生生物界アルベオラータ門ヤコウチュウ科。体は直径 1mm内外の球形で,原形質が中心部に集まり,そこから網目をつくりながら放射状に原形質糸が周囲に伸びている。腹面は落ち込んでいてそこに縦溝があり,その中央部に口がある。縦溝の終わった部分から太く長い触手が出ている。渦鞭毛虫類は一般に 2本の鞭毛をもつが,本種では 1本である。色素体はない。暖海プランクトンとしてきわめて普通に見られ,刺激により発光する。原形質が淡紅色なので,異常に増殖すると桃色の赤潮を示す。日本各地の沿岸で見られ,世界に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤコウチュウ(夜光虫)【ヤコウチュウ】

原生動物植物性鞭毛(べんもう)虫綱。体は球形で直径1〜2mm内外。原形質が中心部から周囲に向かって網目状に伸びる。色素体はなく,鞭毛が1本と触手が1本。波などにゆられるとその刺激で発光するためこの名がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤコウチュウ【ヤコウチュウ(夜光虫) Noctiluca scintillans (Macartney) Ehrenberg (=N.miliaris Surirary)】

暖海の沿岸にもっともふつうに見られるプランクトン(イラスト)。浮遊生活をする直径1~2mmの球形の海産単細胞生物で,波の動きなどの刺激により発光する性質がある。体の中心に原形質が集まっていて,そこから網目状に原形質糸が周囲に向かってのびている。体には深くくぼんだ溝状の部分があり,その後端から1本の触手が,そして前端近くから1本の鞭毛がそれぞれのび,また中央付近に口部がある。触手は細胞外壁が変形したもので,これを反復運動させて浮遊性の微細な動物や植物をとらえて口部に運ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヤコウチュウ(夜光虫)の言及

【渦鞭毛藻類】より

…マミズツノオビムシCeratium hirundinellaは淡水に大発生して水に臭気や味を生じさせる。海ではヤコウチュウNoctiluca ecintillans,ナガツノオビムシCeratium furca,ユミツノオビムシCeratium fusus,ゴカクウズオビムシPeridinium pentagonium,ススフタヒゲムシExuviaella marinaなどが普通にみられる。ギムノジニウム属GymnodiniumゴニオラクスGonyaulaxなどの種類が赤潮になったときは大きな被害がでる。…

※「ヤコウチュウ(夜光虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤコウチュウ(夜光虫)の関連キーワード発光生物

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android