ヤコウチュウ(読み)やこうちゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤコウチュウ
やこうちゅう / 夜光虫
[学]Noctiluca miliaris 

原生動物鞭毛虫(べんもうちゅう)亜門渦(うず)鞭毛虫目ヤコウチュウ科に属する海産プランクトン。世界の海域で普通にみられる。外形は球状で軟らかく、大形のものでは2ミリメートルに達する。後部に1本の触手を有し、その基部には大きな深い溝がある。溝の中に1本の縦鞭毛と、歯状に変形した横鞭毛がある。粘着性の触手を往復運動させて単細胞の緑藻、原生動物、小形甲殻類などをとらえ、溝の最深部にある細胞口に送り込む。体内は多数の液胞に富み、細胞質は体の中心部より放射状に分布する。摂食に際して細胞口部域への激しい細胞質の集合がおき、食胞を形成して餌(えさ)を取り込む。葉緑体はないが、共生藻Zooxanthellaをもつものもある。普通、二分裂で増えるが、ときに多分裂もする。細胞質中に発光顆粒(かりゅう)があり、波などの機械的刺激で青緑色に発光するので有名。春から夏に大繁殖し、赤潮(あかしお)となって養殖の魚貝類に被害を与えることがある。[堀上英紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例