コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブジラミ

3件 の用語解説(ヤブジラミの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤブジラミ

セリ科の二年草。日本全土の野原などにはえ,アジアヨーロッパアフリカにも分布。高さ60〜80cm,葉は互生し,2回羽状複葉となる。夏,茎頂に複散形花序を出し,小型の白花を開く。
→関連項目ヤブニンジン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブジラミ【hedge parsley】

山野の道端に普通なセリ科の越年生雑草。茎は高さ30~70cm。互生する葉は2~3回羽状に分裂し,全体の形はほぼ三角形,全体にわた毛がある。花は6~7月ころ,枝先に小型の複散形花序を作って開き,白色で小さい。果実は2~3mmの柄があり,卵状楕円形で表面に上向きに曲がったとげがあり,それぞれの単位の散形花序に4~12個ずつつき,ほとんど紫色を帯びることがない。北半球に広く分布する。 オヤブジラミT.scabra (Thunb.) DC.は道端に普通な越年草で,ヤブジラミに似ているが,茎や果実が紫色を帯びることが多く,花は4~5月に開花し,果実は小散形花序に3~6個ずつまばらにつき,その柄は長さ2~10mmで不同長であるので区別できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブジラミ
やぶじらみ / 藪虱
[学]Torilis japonica (Houtt.) DC.

セリ科の越年草。茎は高さ30~70センチメートル。葉は2回3出の羽状複葉、概形は三角形である。5~7月、散形花序をつくり、白色花を開く。果実は卵形で長さ約3ミリメートル、刺(とげ)を密生し、シラミのように衣服に付着するのでこの名がある。山野の木陰に普通に生え、日本およびユーラシア、北アフリカに広く分布する。オヤブジラミT. scabra (Thunb.) DC.は近縁の別種で、茎は直立し紫色を帯びる。葉はヤブジラミに似ているが大きく、果実は長さ約5ミリメートルとより大きい。ヤブジラミ属は地中海地方からアジアに15種分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤブジラミの関連キーワード曙草越年生烏野豌豆胡瓜草蚤の衾浜芹大犬の陰嚢草の黄耳菜草藪虱