コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブタバコ(藪煙草) ヤブタバコCarpesium abrotanoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブタバコ(藪煙草)
ヤブタバコ
Carpesium abrotanoides

キク科の越年草。日本全土をはじめ東アジアの温帯に分布し,山野の林地に普通に生える。茎は高さ 50~100cmとなり,上部は有毛で一見二叉分枝状に枝を出す。葉は帯白緑色で毛深く,根出葉花時になくなる。茎葉は長楕円形,下面に腺点がある。9~11月にかけて,葉腋に無柄の頭花を1個ずつ下向きにつける。総包片鱗状に重なり,全体は鐘形である。花冠は黄色で,外周に雌性花,中央に両性花がある。痩果は黒褐色で先端に小さいとげがあり,粘液を出して一種独特の臭気がある。葉のしぼり汁は傷にきき,根や種子も薬用にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブタバコ【ヤブタバコ(藪煙草) Carpesium abrotanoides L.】

日本から中国中南部を経てヒマラヤに至る地域に分布するキク科の一~越年草(イラスト)。藪のかげや家近くに生える。下葉タバコの葉に似てやぶ地に多いことから和名がついた。果実は臭気があり,粘液を分泌し,腸内寄生虫駆除剤として用いられる。茎は硬く,直立し,高さ60~90cmで,上部がやや放射状に分枝する。根出葉はタバコの葉を小さくした形で,しわがあり,縁に鋸歯がある。茎葉は数多く,長楕円形で互生し,茎とともに細毛が密に生えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android