コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブタバコ

2件 の用語解説(ヤブタバコの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤブタバコ

キク科の二年草。日本全土,東アジアの暖〜温帯に分布し,家の近くや山野の林にはえる。全体に一種の臭気があり,主茎は高さ50〜100cmで先が止まり,長い枝を放射状に出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブタバコ
やぶたばこ / 藪煙草
[学]Carpesium abrotanoides L.

キク科の越年草。主幹は高さ0.5~1メートルで止まり、そこから2、3本の枝を開出する。主幹につく葉は大きく、広楕円(こうだえん)形または長楕円形で長さ30センチメートル、幅13センチメートル、タバコの葉に似ている。9~11月、上部の枝の各葉腋(ようえき)に無柄の頭花を下向きにつける。総包は鐘形、総包片は3列で外片は短く、先は丸い。痩果(そうか)は長さ3.5ミリメートル、先はくちばし状で粘液を出し、臭気がある。山野の路傍や林縁に生え、日本、および朝鮮半島、中国、ヒマラヤに分布し、西アジア、ヨーロッパに帰化する。葉を絞った汁は打ち傷や腫(は)れ物に効能がある。中国では痩果を鶴虱(かくしつ)と称し、条虫の駆除薬にする。名は、藪に生えるタバコの意味である。
 近縁のミヤマヤブタバコは全草に開出する毛が多い。茎は直立し、高さ0.4~1メートル。8~10月、枝先に頭花を下向きにつける。総包は鐘形、総包片はすべて同長。総包直下に線形の包葉が多数ある。深山の林床に生え、北海道から九州に分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤブタバコの関連キーワードツワブキナマズ東アジアヨモギアジアンポップスウドオカヒジキノビルフキヤマゴボウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone