コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブデマリ

百科事典マイペディアの解説

ヤブデマリ

スイカズラ科の落葉低木。本州〜九州の山野にはえる。高さ3m内外になり,葉は対生し楕円形で,縁には鋸歯(きょし)がある。4〜6月,1対の葉のある短柄の先に散房花序を出し,多数の白色で小さい両性花をつけ,外側には大きな装飾花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブデマリ【Viburnum plicatum Thunb.f.tomentosum (Thunb.) Rehd.】

山地の谷間に普通にみられるスイカズラ科の落葉低木(イラスト)。花が美しいため,庭木とされる。高さ2~5m,葉は対生し,倒卵形から楕円形,星状毛があり,長さ5~12cm。花序は前年枝の葉腋(ようえき)から出た短枝上に生じる集散花序で,直径5~9cm。花は5~6月に咲く。花序周辺部の装飾花は花冠が大きく,不均等に切れ込み,おしべめしべは小さくなっている。中央部の小さい花は両性,花冠は直径5~6mm,五つに中裂する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブデマリ
やぶでまり / 藪手毬
[学]Viburnum plicatum Thunb. f. var. tomentosum (Thunb.) Rehd.

スイカズラ科の落葉低木または小高木。高さ2~4メートル。葉は毛が多く、長さ5~12センチメートル。5~6月、径5~9センチメートルの散房花序をつくり、小花を多数集めて開く。花序の縁(へり)の花は装飾花で、白色の花冠は大きい。核果は初め赤く、のちに黒くなり、核には深い溝がある。名は、藪(やぶ)に生えるテマリバナの意味である。山地の谷間に普通に生え、本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。東北地方から北陸地方には毛の少ない品種ケナシヤブデマリがある。基本種のオオデマリ(テマリバナともいう)は花序全体が装飾花となったものである。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤブデマリの関連キーワードテマリバナ(手毬花)テマリバナ山紫陽花ガマズミ山手毬大手鞠胡蝶樹手鞠花五禰豆山地