コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブマオ

百科事典マイペディアの解説

ヤブマオ

イラクサ科の多年草。日本全土,中国の山野にはえる。高さ1m内外,葉は対生し,卵形で先がとがり,縁には大きな鋸歯(きょし)がある。夏〜秋,葉腋から細長い花穂を出す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブマオ【Boehmeria japonica (L.f.) Miq.】

西日本の低い山地や平地の路傍に生えるイラクサ科の剛壮な多年草(イラスト)。繁殖力が旺盛で,雑草的な植物である。草丈は1~1.7m。茎は一株からたくさん出て叢生(そうせい)し,密に毛があり,頑丈である。葉は対生し,卵円形で長さ5~15cm。葉縁には粗い重鋸歯があり,葉裏は柔らかい密毛でおおわれている。通常雌花しかつけず,受粉をせずに種子を作る変わった性質がある。この性質は無配生殖と呼ばれる。雌花の花被片は2枚あり,長さ1mm程度で互いに合着して子房をつつみこんでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブマオ
やぶまお / 藪真苧
[学]Boehmeria japonica (L. f.) Miq. var. longispica (Steud.) Yahara (B. longispica Steud.)

イラクサ科の多年草。低山地の藪(やぶ)に生える真苧(まお)(ナンバンカラムシのこと)の仲間なのでこの名がある。茎は数本固まって出て高さ1.5メートルに達し、繊維質で硬く、ときに中部で短い枝を分けることがある。葉は柄(え)があって対生し、卵円形で長さは柄を除き7~20センチメートル。縁(へり)には重鋸歯(じゅうきょし)があるが、鋸歯の大きさや密度には大きな変異がある。葉の両面には粗い軟毛がある。花序は葉腋(ようえき)について雌雄別となり、雄花序は茎の中部から出て円錐(えんすい)状、雌花序は上部から出て穂状となるが、雄花序が出ないことも多い。受精しないで種子をつくる無融合種子形成を行う三~五倍体が知られるが、有性生殖を行う型は知られていない。北海道から九州の低山地に分布し、国外では東アジアの暖温帯に広く分布する。中国名は野線麻という。本種は有性生殖を行う他の種と盛んに交雑するため、近縁種との区別はきわめてむずかしい。九州北部には葉の鋸歯が粗く花序が細いものが多くみられ、トガリバヤブマオB. japonica (L. f.) Miq. var. japonicaというが、学名はこちらの方に早くつけられた。ヤブマオ属は世界に100種近くを含むが、とくに東アジアの温帯域では無融合種子形成を行う変異の大きい種が多く存在するために分類はむずかしい。[米倉浩司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤブマオの関連キーワードサカハチチョウラセイタソウフクラスズメアカタテハカラムシ繊維植物陰生植物アカソ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android