コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユキザサ

百科事典マイペディアの解説

ユキザサ

北海道〜九州,東アジアの山地の林下にはえるユリ科多年草。茎は高さ20〜50cm,5〜10個の葉を左右2列につける。葉は長楕円形で長さ6〜15cm,多少の毛がある。5〜6月,茎頂に白色で径約6mmの花を円錐状に開く。果実は赤熟。近縁のヒロハユキザサ(ミドリユキザサとも)は深山にはえ,全体に大きく,花は淡緑色。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユキザサ【Smilacina japonica A.Gray】

温帯性落葉樹林の林床植物として代表的なユリ科の多年草(イラスト)。林床のやや湿った草地に群生し,5~6月に白色の小さな花を密な円錐花序につける。和名は雪のように白い花とササに似た平行脈の目だつ葉にちなんだもの。茎は高さ20~60cm。開出毛が多い。葉は2列互生で長さ6~13cm。裏面には軟らかい毛が多い。花被は6枚で平開し,長さ3~4mm。おしべは6本。果実は液果で,径5~7mmの球形。秋に赤く熟する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユキザサ
ゆきざさ / 雪笹
[学]Smilacina japonica A. Gray

ユリ科の多年草。根茎から茎を出し、直立して高さ約40センチメートル、上部は斜め上に伸びる。葉は茎に左右2列につき、長楕円(ちょうだえん)形で長さ約10センチメートル、両面が開出毛に覆われ、数本の縦脈がある。5~6月、茎頂に長さ約7センチメートルの軟らかい開出毛のある円錐(えんすい)花序をつけ、多数の白色花を開く。花は径約5ミリメートル、花被(かひ)は6枚あり狭長楕円形で先は鈍くとがる。果実は球形の液果で径約5ミリメートル、10~11月に赤く熟し、種子は数個できる。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ユキザサの関連キーワード広葉雪笹大葉雪笹

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android