ユニゾン(英語表記)unison

翻訳|unison

百科事典マイペディアの解説

ユニゾン

〈一つの声〉の意で,複数の楽器もしくは声部によって一つの旋律が歌われること。男声女声のように1オクターブの差がある場合も含める。同一旋律の多人数による歌唱は斉唱(せいしょう)ともいい,合唱の対。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユニゾン【unison】

〈一つの音〉の意味であり,同音で構成される音程を指す。複数の楽器(楽器群)または声部が,同じ音符あるいは旋律を同時に奏すること。この場合,厳密に同一の音高ではなく,バイオリンとチェロのユニゾンのように,オクターブの違いがあってもよい。また,同一旋律を多人数で歌唱する場合には斉唱ともいい,単調ではあるが力強い効果をもたらすことがある。【寺本 まり子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ユニゾン【unison】

〘音〙
同じ高さの音。広義には、一オクターブ異なる音もさす。
同じ高さの二音が形成する音程。一度。同度。
斉唱。斉奏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユニゾン
ゆにぞん
unison英語
unissonフランス語
unisonoイタリア語
Einklangドイツ語

音楽においてテクスチュア(音構成原理)を形成する方式の一つ。同一の音高を同時に響かせることをいう。その厚みを感じさせる効果が特徴で、労働歌、国歌、寮歌ばかりでなく、歌曲や管弦楽曲でも他の多声的なテクスチュアとの対比を強調するときに用いられる。オクターブ関係にある音を重ねて進行すれば純粋のユニゾンではないが、オクターブ平行の意識が働かず、男女が同一旋律を斉唱するときなどはユニゾンとみなすこともできる。[山口 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ユニゾン

〘名〙 (unison 「一つの音」の意) いくつかの声部または楽器が、同じ音符や同じ旋律、またはオクターブの音や旋律を奏すること。斉唱。斉奏。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユニゾンの関連情報