コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨメナ

4件 の用語解説(ヨメナの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ヨメナ

 [Kalimeris yomena].キク目キク科ヨメナ属の多年草.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨメナ

キク科の多年草。本州〜九州の山野にはえる。茎は上部で分枝し,高さ60〜120cm。葉は披針形でやや厚く,縁にはあらい鋸歯(きょし)がある。7〜10月,枝先に紫色の舌状花と黄色の筒状花からなる径3cmほどの頭花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヨメナ【Kalimeris yomena Kitam.】

万葉集》に春の若菜摘みとして最もよくうたわれているのがヨメナである(イラスト)。若苗が5~6cm伸びたころ摘みとり,ゆでて浸し物,あえ物,いため物にされる。春の若菜の中で美味で,花の美しいところから嫁菜の名がつけられた。乾燥し,煎じたものは解熱利尿剤として用いられてもいる。本州,四国,九州の田のあぜや山野のやや湿った所にふつうにみられるキク科の多年草。茎は高さ50~120cmになり,上部でよく分枝する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨメナ
よめな / 嫁菜
[学]Kalimeris yomena Kitam.

キク科の多年草。長い地下茎がある。茎は高さ0.6~1.2メートル、上部で分枝し、紫色を帯びることが多い。葉は披針(ひしん)形で粗い鋸歯(きょし)があり、表面はやや光沢がある。7~10月、分枝した枝先に径約3センチメートルの頭花をつける。痩果(そうか)は長さ3.5センチメートル、冠毛は長さ0.5ミリメートル。山野や田の畦(あぜ)などに普通に生え、本州から九州に分布する。コヨメナとユウガギクより大形の近縁種オオユウガギクとの交雑種と考えられている。昔から美味な食用野菜として知られ、若葉をゆでて食べる。[小山博滋]

文化史

古名はオハギ(『出雲風土記(いずもふどき)』)あるいはウハギで、『万葉集』にはウハギの名で2首載る。春の摘み草の対象とされ、「春日野(かすがの)に煙(けぶり)立つ見ゆ娘子(おとめ)らし春野の菟芽子(うはぎ)(つ)みて煮らしも」(巻10)と詠まれているように、よく食べられていたとみられる。江戸時代はヨメガハギともよばれ食用にされた(『菜譜』)。ヨメナは身近な野生菊の一つで、野菊の代表である。伊藤左千夫(さちお)の『野菊の墓』の野菊も、舞台となった千葉県松戸市の矢切(やぎり)近辺にありふれたカントウヨメナとみられる。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨメナの関連キーワード万葉集註釈朝摘み菅家万葉集茶摘み摘菜万葉集抄万葉集略解摘み取る摘草若菜摘み

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨメナの関連情報