コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨンキント ヨンキント Jongkind, Johan Barthold

4件 の用語解説(ヨンキントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨンキント
ヨンキント
Jongkind, Johan Barthold

[生]1819.6.3. ラトロプ
[没]1891.2.9. コートサンタンドレ
オランダの画家,銅版画家。ハーグで修業したのち,1846年にパリに行きバルビゾン派の影響を受けて風景画に独自の作風を開いた。 48,52年のサロンに出品。 55年に一時オランダに戻ったが,60年に再びパリに出て,62年トゥールービルで E.ブーダンと親交をもち,年少のモネにも影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨンキント

オランダの風景画家。ロッテルダムの近くのラトロプ村に生まれ,早くから故国を去ってほとんどフランスで活動し,バルビゾン派の画家たちと交流をもつ。パリやルアーブルの海岸風景を好んで描き,その明るく清新な色彩と自由なタッチにより,ウジェーヌ・ブーダン〔1824-1898〕とともに印象主義の先駆者の一人に数えられる。
→関連項目外光派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヨンキント【Johan Barthold Jongkind】

1819‐91
オランダの風景画家。ドイツ国境に近いラトロプLattropに生まれ,ロッテルダム近郊で育つ。ハーグの美術学校で学んだのち,1845年パリに移住しロマン派の画家E.イザベーに師事。48年の初入選以来たびたびサロン(官展)に出品するかたわら,T.ルソーコローらと親交を結ぶ。55‐60年のロッテルダム滞在を最後にフランスに永住。50年代末から60年代初頭に,明るい色彩の筆触の並置によって太陽光の輝きを再現する斬新な画風を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨンキント
よんきんと
Johan Barthold Jongkind
(1819―1891)

オランダの風景画家。ロッテルダム近郊に徴税官の息子として生まれ、初め公証人役場で働く。ハーグの美術学校を経て1846~53年パリの海洋風景画家イザベイLouis E. Isabey(1804―86)のアトリエで修行。バルビゾン派の画家たちと交わり、ノルマンディーブルターニュを旅行後、55年帰国し、情感的な雰囲気をとらえた海浜、港湾風景を描く。60~70年ふたたびパリに滞在し、各地にスケッチ旅行を試み、海洋風景を描く画家ブーダンと親交を結ぶ。直観的で軽妙なタッチによる水彩画にとくに優れ、初期にはコロー、ボニントン、イザベイの影響が強いが、50年代以後の制作では印象派先取りすると評価される。過度の飲酒による精神障害のためグルノーブル近郊サンタンドレの精神科病院で死去。代表作は『ロッテルダムの港』(1856・アムステルダム市立美術館)など。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヨンキントの言及

【オランダ美術】より

…フランスで写実主義的絵画が台頭する19世紀半ばになって,ようやくオランダでも17世紀絵画の伝統を新しい感性と技巧によってとらえ直す試みが芽生えはじめる。印象主義の先駆者ヨンキントはフランスにとどまりつつ故郷の風景を好んで描き,オランダ国内でもマーリスMaris兄弟,ウェイセンブルッフHendrick Johannes Weissenbruch(1824‐1903),イスラエルスJozef Israels(1824‐1911)ら〈ハーグ派〉の画家が,バルビゾン派の影響を消化しつつ灰色系の色調を主体とした清潔で抒情的な風景画を残した。しかし19世紀最大の画家としては,短い劇的な生涯をフランスで閉じたファン・ゴッホを挙げねばならない。…

※「ヨンキント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨンキントの関連キーワードアルンヘムエンスヘーデセーヘルスイギリスオランダ戦争ダッチオランダの罠オランダの犯罪カイプファン・コニンクスローポッテル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone