コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨードホルム ヨードホルム iodoform

翻訳|iodoform

4件 の用語解説(ヨードホルムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨードホルム
ヨードホルム
iodoform

トリヨードメタン。化学式 CHI3 。融点 120℃。特別な臭気のある黄色粉末。水にはごくわずかに溶け,アルコールエーテルに可溶。創傷面の消毒に用いられたことがある。エチルアルコールアセトンなどにアルカリ水溶液を加え,さらにヨウ素 (またはヨウ化カリウムと酸化剤) を加えるとヨードホルムの黄色沈殿を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヨードホルム(〈ドイツ〉Jodoform)

エチルアルコールまたはアセトン水酸化アルカリと沃素(ようそ)を加えて熱すると得られる黄色の結晶。特有の臭気があり、水に溶けず、アルコールに溶ける。防腐剤・消毒剤などに利用された。化学式CHI3 トリヨードメタン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨードホルム

化学式はCHI3。特有の臭がある黄色の結晶。融点119℃。水に不溶,エタノールに可溶。光,熱,アルカリにより分解。分解して発生するヨウ素が殺菌作用を示すため,外傷の防腐剤として使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ヨードホルム【Jodoform】

エタノールまたはアセトンに水酸化アルカリを加えて加熱後、ヨウ素を反応させて得る黄色の結晶粉末。化学式 CHI3 特有の臭気がある。水に微溶、エチルアルコール・エーテル・クロロホルムなどの有機溶媒に可溶。かつては傷口の消毒に用いた。劇薬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨードホルムの関連キーワード甲状腺ホルモンムードメーカーヨード剤ジクロロメタントリヨードメタントリヨードチロニンヨードチロニントリヨードサイロニンメチルリチウムヨード水銀酸塩

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨードホルムの関連情報