ライェ(読み)らいぇ(英語表記)Camara Laye

  • 1928―1980

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギニアの小説家。鍛冶屋(かじや)の子に生まれ、回教学校からコナクリ工業高校を卒業、技師になるためにフランスに留学。苦学と貧困、孤独と不安にさいなまれながら郷愁の思いを小説に託した回想的自伝『黒い子ども』(1953、邦訳名『アフリカの子』)によって、アフリカ人最初の本格的小説家としての地位を固めた。帰国後「個人の自由」をめぐってセーク・トーレ大統領と意見が衝突、自宅拘禁状態に置かれ、1965年セネガルに亡命、ダカール大学回教研究所員となったが、80年に亡命の地で病没した。13世紀にマリ王国を建設した名君スンディアタ王の伝説を素材とした伝承文学『言葉の主』(1978)が絶筆となった。ほかに宗教的寓話(ぐうわ)小説『王の栄光』(1954)と『アフリカの夢』(1966)があり、詩的なイメージの美しさがその魅力となっている。[土屋 哲]
『さくまゆみ子訳『アフリカの子――少年時代の自伝的回想』(1980・偕成社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android