コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライスセンター ライスセンター

5件 の用語解説(ライスセンターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライスセンター
ライスセンター

コンバインを中心とする大型機械化体系の水田栽培において,共同乾燥と脱穀調製作業とを同時に行う施設。 (1) 稲刈り→脱穀調製→包装出荷をワンセットで行うコンバインドライヤー型,(2) 農家が直脱穀までをやり,乾燥調製以後の工程を行う型,(3) 農家が籾の生乾燥までをやり,仕上げ乾燥以後を行う型,がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ライス‐センター

《〈和〉rice+center》収穫した生の籾(もみ)や乾燥不十分の籾を火力乾燥・籾摺(す)り・袋詰めするための施設。麦の乾燥にも利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ライスセンター

もみ共同乾燥調製施設のこと。脱穀直後の高水分もみの乾燥,もみすり,精選,袋詰めなどの農作業を共同で行うことによって,迅速化,省力化を図る目的でつくられた。市町村,農協などの経営が多く,多数の農家が利用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ライスセンター

穀物乾燥調製施設ともいう。コンバインで収穫した生もみを農家から受け入れて,乾燥,もみすり,精選して玄米とし,包装するまでの一貫作業を行う共同施設のこと。食糧事務所の検査を受けた規定包装の玄米を保管するための農業倉庫も併設されている。もみは農家ごとに,また品種ごとに乾燥,調製される。機能的にはカントリーエレベーターから貯蔵用のサイロを除き,規模,能力を小さくしたものともいえる。 ライスセンターの主要設備は,作業工程の順に,トラックスケール,もみ貯留タンク,乾燥機,もみ冷却タンク,もみすり機,米選機および計量機から成り,それぞれステップ間は各種のコンベヤで連結されており,もみの流れが自由に調節できるしくみになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ライスセンター

rice+center〕
収穫した米の乾燥・籾摺もみすりなどの調製をするための共同施設。 → カントリー-エレベーター

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライスセンターの関連キーワード穀物乾燥機コンバインカントリーエレベーターコンバインドレース調製粉乳バインダーコンバインドレシオ穀物乾燥調製施設大規模乾燥調製貯蔵施設コンバインド・レシオ

ライスセンターの関連情報