コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライスセンター ライスセンター

5件 の用語解説(ライスセンターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライスセンター
ライスセンター

コンバインを中心とする大型機械化体系の水田栽培において,共同乾燥と脱穀調製作業とを同時に行う施設。 (1) 稲刈り→脱穀調製→包装出荷をワンセットで行うコンバインドライヤー型,(2) 農家が直脱穀までをやり,乾燥調製以後の工程を行う型,(3) 農家が籾の生乾燥までをやり,仕上げ乾燥以後を行う型,がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ライス‐センター

《〈和〉rice+center》収穫した生の籾(もみ)や乾燥不十分の籾を火力乾燥・籾摺(す)り・袋詰めするための施設。麦の乾燥にも利用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ライスセンター

もみ共同乾燥調製施設のこと。脱穀直後の高水分もみの乾燥,もみすり,精選,袋詰めなどの農作業を共同で行うことによって,迅速化,省力化を図る目的でつくられた。市町村,農協などの経営が多く,多数の農家が利用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライスセンター

穀物乾燥調製施設ともいう。コンバインで収穫した生もみを農家から受け入れて,乾燥,もみすり,精選して玄米とし,包装するまでの一貫作業を行う共同施設のこと。食糧事務所の検査を受けた規定包装の玄米を保管するための農業倉庫も併設されている。もみは農家ごとに,また品種ごとに乾燥,調製される。機能的にはカントリーエレベーターから貯蔵用のサイロを除き,規模,能力を小さくしたものともいえる。 ライスセンターの主要設備は,作業工程の順に,トラックスケール,もみ貯留タンク,乾燥機,もみ冷却タンク,もみすり機,米選機および計量機から成り,それぞれステップ間は各種のコンベヤで連結されており,もみの流れが自由に調節できるしくみになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ライスセンター

rice+center〕
収穫した米の乾燥・籾摺もみすりなどの調製をするための共同施設。 → カントリー-エレベーター

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライスセンターの関連情報