ライトペン

百科事典マイペディア「ライトペン」の解説

ライトペン

コンピューターに位置を指示するための装置。ペン型で,受光素子の入った先端を表示画面に近づけて使用する。表示画面上のライトペンが接触している位置をCRTディスプレーの輝点が横切ると,受光素子から信号が検出され,その検出時刻を元にライトペンの位置を算出する。画面上のポイントを指し示したり,図形を描くのに用いる。ゲーム機における光線銃も同じ原理。
→関連項目CRTディスプレー端末装置フォトダイオード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ライトペン」の解説

ライトペン
らいとぺん
light pen

コンピュータ入力装置の一つ。ペンの形状をしており、先端でディスプレー装置の蛍光面の表面を指示すると、ライトペンに内蔵された光センサーが蛍光面の走査線の光を感じ、その位置を入力する。文字や図形の一部などを指示するのに用いられたが、現在では、使いやすさに優れ、機構も簡単なマウスなどにとってかわられた。

[小野勝章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ライトペン」の解説

ライトペン
light pen

ディスプレー装置と一緒に用いるコンピュータの入力手段の一つ。焦点可変のレンズ系と受光素子とから構成されており,ペンのように手に持って CRTディスプレー (陰極線管) の面上に当てたり,図形を描いたりして,位置の指示や図形の指示をコンピュータの主記憶装置に与える。情報の削除や変更などを行わせるのに利用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ライトペン」の解説

ライト‐ペン(light pen)

コンピューターで、ブラウン管ディスプレー装置に用いるペン状の入力装置。先端に受光素子をもち、表示された蛍光面の特定位置に当てることにより入力できる。現在はタッチパネル式の液晶ディスプレー主流のため、特殊な用途以外では使われない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ライトペン」の解説

ライト‐ペン

〘名〙 (light pen) フォトトランジスタなどの受光素子を組み込んだペン状の機器。ブラウン管面にあてると、受光素子に電気信号が発生し、その信号によりブラウン管上に表示されている図形、文字などを修正、消去するのに使用する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「ライトペン」の解説

ライトペン

ポインティングデバイスのひとつ。画面上にペンをポイントすることで情報を入力する。画面から出る光をペンが検知し、画面上の位置情報を得る。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のライトペンの言及

【入出力装置】より

…しかし,ページプリンターにおいてはさまざまなフォントを外部から取り込んで使うことができるし,字形をその輪郭上の点の座標によって表現したフォントであるアウトラインフォントを使うことによって,美しい字の印刷が可能になっている。
[座標や図形の入出力装置]
 2次元の座標をアナログ入力するのに使用されるのがポインティングデバイスであり,マウス,トラックボール,ジョイスティック,トラックポイント,ライトペン,タッチパネル,トラックパッドなどがよく使われている。これらは位置を表示するためのディスプレーと組み合わされることで初めて入力装置として機能する。…

※「ライトペン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android