ラジオアイソトープ

栄養・生化学辞典の解説

ラジオアイソトープ

 放射性同位元素,放射性同位体ともいう.同じ元素でも質量の異なるもの同士を同位元素というが,そのうち不安定で,核が崩壊する性質をもち,核の崩壊とともに放射線を放出する同位元素.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のラジオアイソトープの言及

【核医学】より

放射性同位体(ラジオアイソトープ,RIと略称)を用いて,病気の診断,治療,および疾病の研究を行う医学の一分野。RIの取扱いについて日本では,諸外国に比べ厳しい法的規制がなされているが,1970年代以降のコンピューター技術,放射線計測技術の急速な進歩に伴い核医学の分野も飛躍的な発展を遂げている。…

【同位体】より

…このような同位体の存在量を原子百分率で表したものを核種存在比といっている(各元素の核種存在比は各元素の項に示してある)。
[放射性同位体]
 放射能をもつ同位体で,ラジオアイソトープともいい,RI(radioactive isotopeまたはradioisotopeからきている)という略号で呼ばれることが多い。天然に存在するもののほかに,人工的に各種の核反応を用いて,すべての元素に対して人工放射性同位体がつくられている。…

【放射性同位体】より

…ラジオアイソトープ(略称RI),放射性同位元素ともいう。原子番号が同じで質量数の異なる元素を同位体(同位元素)という。…

※「ラジオアイソトープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android