コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスアルハイマ ラスアルハイマRa's al-Khaymah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスアルハイマ
Ra's al-Khaymah

アラブ首長国連邦を構成する首長国の一つ。ペルシア湾岸に 56kmの海岸線をもつ,北方のルウースアルジバール岬の部分と,南部の内陸部分に2分される。首都はラスアルハイマ。もともとはシャルジャの一部であり,町は海賊の重要な基地であった。 16世紀以後,ポルトガル,ペルシアの争奪の的となっていたが,19世紀にイギリスが湾岸最大の勢力となると,スルタンはイギリスと休戦条約を結んだ。その後一時独立したが,シャルジャに帰属させられ,ようやく 1919年にトルーシアルステーツの一国としてイギリスに承認された。 72年アラブ首長国連邦に加盟した。連邦内では珍しい農業国で,人口の 40%が農業に従事し,野菜,果物,柑橘類,ナツメヤシなどが,首都周辺で栽培されている。面積約 1700km2。人口 13万 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラス‐アル‐ハイマ(Ra's al-Khaima)

アラブ首長国連邦を構成する7首長国の一。連邦北東端に位置し、ムサンダル半島(オマーンの飛び地)の付け根を占める。連邦成立の翌1972年に加入した。ラアスアルハイマ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ラスアルハイマの関連キーワードアラブ首長国連邦(UAE)とドバイホールファカーンハッタディバ

ラスアルハイマの関連情報