コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナオ[湖] Lake Lanao

世界大百科事典 第2版の解説

ラナオ[湖]【Lake Lanao】

フィリピン,ミンダナオ島中西部のラナオ台地にある,同国で2番目に大きい湖。面積347km2,湖面標高700m,最大水深273m。溶岩によるせき止め湖といわれ,付近は気温も冷涼で風光にすぐれる。湖の北端にフィリピン人イスラム教徒の町マラウィ市があるが,そこからアグス川が北流してイリガン湾に注ぐ。わずか29kmの間に標高差700mの玄武岩台地を下るため,急流と滝が連続し,電源開発の宝庫となっている。【梅原 弘光】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android