コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナオ[湖] Lake Lanao

1件 の用語解説(ラナオ[湖]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラナオ[湖]【Lake Lanao】

フィリピン,ミンダナオ島中西部のラナオ台地にある,同国で2番目に大きい湖。面積347km2,湖面標高700m,最大水深273m。溶岩によるせき止め湖といわれ,付近は気温も冷涼で風光にすぐれる。湖の北端にフィリピン人イスラム教徒の町マラウィ市があるが,そこからアグス川が北流してイリガン湾に注ぐ。わずか29kmの間に標高差700mの玄武岩台地を下るため,急流と滝が連続し,電源開発の宝庫となっている。【梅原 弘光】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラナオ[湖]の関連キーワードダバオフィリピン海フィリピン海溝ミンダナオ島フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲MNLFフィリピンの金新人民軍(NPA)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone