ラポール

人材マネジメント用語集「ラポール」の解説

ラポール

・rapport
・もともとは心理学の用語で、セラピストとクライアントとのの、互いに信頼し合い、安して感情の交流を行うことができる関係が成立している、心的融和状態を表す。
・核家族化や少子化により、成長過程において様々な人との交流が少ない昨今では、他者とのコミュニケーションを苦手とする人が増えており、コミュニケーションの土台となる「相互に信頼している状態」が注目され、広く一般的に「ラポール」という
言葉が引用されるようになってきている。
・ラポールはどのような人間関係においても必要とされる、意思疎通をはかるための土台といえる。
・相手の承認・信頼を得ることを必要とする対人活動(営業・恋愛・交渉等)においては非常に重要とされている。
・基本的にラポールは相手に対する「誠意」「好意」「敬意」により築かれるが、特定のコミュニケーションスキル(ペーシング※・ミラーリング※※等)により、意図的にラポールを築くことも可能である。
・ラポールが築けていない(人間関係が負の心理にある)状態をアンチラポールという。
※ペーシング:相手の話し方(声のスピード、音程、大小、リズム、呼吸等)に自分
の話し方を合わせること。
※※ミラーリング:相手と動作・しぐさを合わせること。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラポール」の解説

ラポール
rapport

言語学,心理学用語。主として2人の人の間にある相互信頼の関係。すなわち,「心が通い合っている」「どんなことでも打明けられる」「言ったことが十分に理解される」と感じられる関係。カウンセリング心理テスト教育などの場面で重視される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ラポール」の解説

ラポール(〈フランス〉rapport)

心理学で、人と人との間がなごやかな心の通い合った状態であること。親密な信頼関係にあること。心理療法調査検査などで、面接者と被面接者との関係についていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ラポール」の解説

ラポール

〘名〙 (rapport) 心理学用語で親密度のこと。精神分析の治療で医師と患者との信頼関係の基本とされる。〔ニューシンク入門(1969)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android