ランカスター(伯)(読み)ランカスター[はく](英語表記)Lancaster, Edmund, Earl of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランカスター(伯)
ランカスター[はく]
Lancaster, Edmund, Earl of

[生]1245.1.16. ロンドレス
[没]1296.6.5. バイヨンヌ
イギリスの貴族。ランカスター家の始祖。国王ヘンリー3世の第4子。 1254年教皇インノケンチウス4世からシチリア王位を与えられたが,それは名目のみで,58年にはその王位は無効とされた。 67年新しくランカスター伯に叙せられ,多くの称号と領土を合せて大勢力を有した。兄王エドワード1世に協力し,77~79年ウェールズに遠征,これを征服した。

ランカスター(伯)
ランカスター[はく]
Lancaster, Henry, 3rd Earl of

[生]1281頃
[没]1345.9.22.
イギリスの貴族。ランカスター家の始祖エドマンドの次男。国王エドワード2世の専制に抵抗した兄のランカスター伯トマスが処刑されたのち,1324年レスター伯となった。エドワード2世を倒すため王妃イザベル,R.モーティマーらとフランスにおもむき,兵を集めて 26年イングランドに上陸,王を捕え,27年廃位し,ランカスター伯の称を回復した。しかしこれまでの同志モーティマーと対立,30年これを捕えて処刑したが,この頃より失明し,政治生活より引退した。

ランカスター(伯)
ランカスター[はく]
Lancaster, Thomas, Earl of

[生]1278頃
[没]1322.3.22. ヨークシャー,ポンティフラクト
イギリスの貴族。国王ヘンリー3世の孫。地方貴族と結んでエドワード2世と対立,その寵臣 P.ギャビストンを追放,1312年彼を処刑した。 14年王室の改革に着手し,15年にはイングランドを事実上支配したが,個人的野心が強く,失政もあって権力を失った。王と和解したが,18年に台頭した寵臣ディスペンサー父子の追放を迫って王の軍と戦闘となり,敗れて処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android