コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランサム ランサム Ransom, John Crowe

6件 の用語解説(ランサムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランサム
ランサム
Ransom, John Crowe

[生]1888.4.30. テネシー,ピュラスキ
[没]1974.7.3. オハイオガンビア
アメリカの詩人,批評家。テネシー州ナッシュビルのバンダービルト大学卒業後,オックスフォード大学に留学,1914~37年母校で英文学を講じた。その間詩作や批評活動を行い,22~25年,D.デービッドソン,A.テート,R.P.ウォレンらと詩誌『フュージティブ』 The Fugitiveを発行,農本主義による南部文芸復興の理論的指導者として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランサム
ランサム
Ransome, Arthur (Mitchell)

[生]1884.1.18. リーズ
[没]1967.6.3. マンチェスター
イギリスの小説家。ラグビー校に学んだ。ポーやワイルドの評伝を書いたのち,ロシア,中国などを旅行。冒険小説のほか,すぐれた児童文学の作者として知られる。主著『ツバメ号とアマゾン号』 Swallows and Amazons (1930) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランサム
ランサム
Ransome, Frederick Leslie

[生]1868.12.2. グリニッジ
[没]1935.10.6.
アメリカの地質学者。カリフォルニア大学で学び,1896年学位を取得。合衆国地質調査所に勤め (1897~1923) ,その後,アリゾナ大学 (23~27) ,カリフォルニア工科大学 (27~35) 各教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ランサム(ransom)

身代金。買い戻し金。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ランサム

米国の詩人,批評家。第1次大戦後に生じた〈フュージティブ(逃亡者)〉という詩人グループの中心的人物であり,《神についての詩》(1919年)などで,南部の伝統的,有機的農本主義に基づいた,形式美を目指した。

ランサム

英国の児童文学作家,評論家。新聞記者としてロシア革命の取材などに活躍,また文芸評論も発表。さらに,《ツバメ号とアマゾン号》(1930年)をはじめとして,ウォーカー家,ブラケット家の子どもたちの休暇中の冒険物語12冊を書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ランサムの関連キーワードテネシー川テネシー川流域開発公社テネシーテネシーウイスキーテネシー州議事堂テネシー[川]テネシー[州]テネシーウィスキー《テネシー・ワルツ》テネシー・ウォーカー(Tennessee Walker) (Tennessee Walker)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランサムの関連情報