コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランサム ランサムRansom, John Crowe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランサム
Ransom, John Crowe

[生]1888.4.30. テネシー,ピュラスキ
[没]1974.7.3. オハイオ,ガンビア
アメリカの詩人,批評家。テネシー州ナッシュビルのバンダービルト大学卒業後,オックスフォード大学に留学,1914~37年母校で英文学を講じた。その間詩作や批評活動を行い,22~25年,D.デービッドソン,A.テート,R.P.ウォレンらと詩誌『フュージティブ』 The Fugitiveを発行,農本主義による南部文芸復興の理論的指導者として活躍した。 37年ケニヨン大学詩学教授となり,39年『ケニヨン・レビュー』 Kenyon Review誌を創刊,59年まで編集主幹をつとめ,いわゆる新批評 (ニュー・クリティシズム) の命名者,中心人物として,批評界に大きな影響を与えた。評論に『雷なき神』 God Without Thunder (1930) ,『世界の肉体』 The World's Body (38) ,『新批評』 The New Criticism (41) ,フュージティブ・グループとの共著『わが立場』I'll Take My Stand (30) ,『批評家の意図』 The Intent of the Critic (41) など。詩集に『神について』 Poems About God (19) ,『寒気と熱病』 Chills and Fever (24) ,『詩選集』 Selected Poems (45,新版 63) などがある。

ランサム
Ransome, Arthur (Mitchell)

[生]1884.1.18. リーズ
[没]1967.6.3. マンチェスター
イギリスの小説家。ラグビー校に学んだ。ポーやワイルドの評伝を書いたのち,ロシア,中国などを旅行。冒険小説のほか,すぐれた児童文学の作者として知られる。主著『ツバメ号とアマゾン号』 Swallows and Amazons (1930) など。

ランサム
Ransome, Frederick Leslie

[生]1868.12.2. グリニッジ
[没]1935.10.6.
アメリカの地質学者。カリフォルニア大学で学び,1896年学位を取得。合衆国地質調査所に勤め (1897~1923) ,その後,アリゾナ大学 (23~27) ,カリフォルニア工科大学 (27~35) 各教授。専門は金,銅などの鉱床に関する経済地質学で,アメリカ西部の鉱山地域の研究に従事した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ランサム(ransom)

身代金。買い戻し金。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ランサム

米国の詩人,批評家。第1次大戦後に生じた〈フュージティブ(逃亡者)〉という詩人グループの中心的人物であり,《神についての詩》(1919年)などで,南部の伝統的,有機的農本主義に基づいた,形式美を目指した。

ランサム

英国の児童文学作家,評論家。新聞記者としてロシア革命の取材などに活躍,また文芸評論も発表。さらに,《ツバメ号とアマゾン号》(1930年)をはじめとして,ウォーカー家,ブラケット家の子どもたちの休暇中の冒険物語12冊を書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ランサムの関連キーワードウィルヘルムウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファントハラタマファビウス二葉亭四迷メチニコフソレー効果水成岩

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランサムの関連情報