コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドフスカ ランドフスカLandowska, Wanda (Louise)

5件 の用語解説(ランドフスカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランドフスカ
ランドフスカ
Landowska, Wanda (Louise)

[生]1879.7.5. ワルシャワ
[没]1959.8.16. コネティカットレークビル
ポーランドチェンバロ奏者。ワルシャワとベルリンピアノと作曲を学んだ。 1900年パリに行き,17~18世紀の音楽とチェンバロを研究。チェンバロ奏者として演奏活動をするとともに,ベルリン高等音楽院に新設されたチェンバロ科主任教授として弟子を育成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ランドフスカ

ポーランド出身の女性ハープシコード奏者,ピアノ奏者。18世紀末以来忘れられた楽器となっていたハープシコードの復興に力を注ぎ,20世紀の〈バッハルネサンス〉に大きな役割を果たした名演奏家。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ランドフスカ【Wanda Landowska】

1879‐1959
ポーランド出身の女流ハープシコード奏者。ハープシコードの復興に決定的な役割を演じた先覚者。ワルシャワ音楽院でピアノを,次いでベルリンに留学して作曲を学ぶ。1900年パリに移り,ハープシコードに心を引かれて研究し,03年パリでこの楽器による公開演奏会を開いた。以後ハープシコードの普及に力を注ぐ。13‐19年ベルリン高等音楽学校のハープシコードの初代教授。25年パリ郊外にハープシコード教育のための音楽学校を創立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ランドフスカ【Wanda Landowska】

1879~1959) ポーランドの女流チェンバロ奏者・ピアニスト。欧米で活躍し、現代におけるチェンバロ音楽の興隆に先鞭をつけた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランドフスカ
らんどふすか
Wanda Landowska
(1879―1959)

ポーランド出身のハープシコード(チェンバロ)奏者。生地のワルシャワ音楽院で学ぶ。1900~13年パリに住み、教育活動と古い音楽の演奏に力を注ぐ。13~19年ベルリンでハープシコードを教え、その後はふたたびパリで古い音楽の演奏、解釈を指導した。41年にアメリカに移住し、コネティカット州レークビルで没した。彼女は、当時ほとんど忘れられていたハープシコードの復興に尽力、ホールでの公開演奏が可能な豊かな音量の楽器の製作を推進するとともに、バッハやその周辺の音楽を、ピアノではなくハープシコードで演奏する意味を、演奏、教育、執筆活動を通じて説き続けた。またファリャプーランクらが、ハープシコード協奏曲を彼女のために作曲している。[美山良夫]
『D・レストウ編、鍋島元子・大島かおり訳『ランドフスカ音楽論集』(1981・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ランドフスカの関連キーワード織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令沖縄(県)刑具紙幣整理尚氏電球琉球処分

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランドフスカの関連情報