コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランプレヒト ランプレヒト Lamprecht, Karl Gotthard

4件 の用語解説(ランプレヒトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランプレヒト
ランプレヒト
Lamprecht, Karl Gotthard

[生]1856.3.25. イェセン
[没]1915.5.10. ライプチヒ
ドイツの歴史家。 1885年ボン大学,90年マールブルク大学,91年ライプチヒ大学の教授。 W.ブントの影響を受け,歴史学を政治史への偏向から解放し,社会心理学的な観点から文化史,経済史などの関連を主張。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ランプレヒト

ドイツの歴史家。ボン大学,マールブルク大学を経てライプチヒ大学教授,同総長。ランケ的史学を批判し,人間の心理の発達によって歴史の発展を段階的にとらえようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ランプレヒト【Karl Lamprecht】

1856‐1915
ドイツの歴史家,文化史家。ザクセンのイェッセンに生まれ,ゲッティンゲン,ライプチヒで歴史を,ミュンヘンで美術史を学び,ボンで教授資格をとる。ライン地方の実業家メービセンの支援をうけて同地方の歴史協会を組織,みずからはモーゼル地方の史料にもとづいて大著《中世ドイツの経済生活》4巻(1886)を発表。マールブルク大学教授をへて1891年以来ライプチヒ大学教授。畢生(ひつせい)の大著《ドイツ史》12巻(1891‐1909)は学界に大きな波紋を投じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランプレヒト
らんぷれひと
Karl Lamprecht
(1856―1915)

ドイツの歴史家。牧師の家に生まれる。ゲッティンゲン大学ライプツィヒ大学に学ぶ。ボン大学(1885~90)、マールブルク大学(1890)を経てライプツィヒ大学教授(1891~1915)となる。この間ライプツィヒ大学総長(1910~11)も務め、同大学に「文化史・世界史研究所」を設立し、地方史や歴史地理学の研究をおこした。彼は中世経済史を専攻し、その最初の著作『中世ドイツの経済生活』(4巻、1885~86)は、膨大な農業関係史料を利用し、統計的方法も駆使して、経済史研究として画期的なものであった。当時ドイツ歴史学の主流は、政治史、事件史に関心を集め、歴史をもっぱら個人の行為としてとらえ、一般化を拒否した。これに対しランプレヒトは民衆の経済生活や社会制度に光をあて、類型や法則を重視した。このような歴史観は、主著『ドイツ史』(前半、第1~5巻、1891~95)においてさらに一歩進められ、歴史の対象を政治、経済、社会、文化の広範な分野に拡大し、歴史学を法則科学として樹立することを説いた。このため、1890年代歴史学界の主流との間に激しい方法論争が闘わされた。しかし、人間生活の基本要因を心理にみいだし、歴史の発展を象徴主義、類型主義、因習主義、個性主義、主観主義の5段階に分けるという彼の主張には無理があり、先述の論争でも孤立したままに終わった。また『ドイツ史』の後半第6~12巻(1904~09)も前半のように高い評価を得られなかった。[木谷 勤]
『ヴェーラー編、ドイツ現代史研究会訳『ドイツの歴史家 第3巻』(1983・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のランプレヒトの言及

【文化史】より

…ブルクハルトの文化史の根底にあるのは,造形的直観であった。これに対し,19世紀末期のドイツ史学界に〈方法論争〉を巻き起こしたランプレヒトの文化史の方法の中心にあるのは,社会心理学である。それによれば,一時代の歴史現象はすべて一定の共通する社会心理的特徴を示すものであった。…

※「ランプレヒト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランプレヒトの関連キーワードグーチゲルビヌスザクセントライチュケドロイゼンランケ史家歴史家ザクセンアンハルトイェーナ大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone