コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・サール ラ・サールLa Sale, Antoine de

4件 の用語解説(ラ・サールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・サール
ラ・サール
La Sale, Antoine de

[生]1386頃.アルル近郊
[没]1460頃
フランスの物語作家。プロバンスの豪族の出身で,早くからアンジュー公らに仕え,ベルギーイタリアポルトガルなどを訪れた。イタリアの地方伝説集,統治論,道徳論などがあるが,特に物語『小姓ジャン・ド・サントレ』 Le Petit Jehan de Saintré (1456頃執筆,1517刊) が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラ・サール
ラ・サール
La Salle, Jean-Baptiste de

[生]1651.4.30. ランス
[没]1719.4.7. ルーアン
フランスのカトリック聖職者,教育改革者。フランスのペスタロッチ呼ばれる。裕福な貴族の家に生れ,パリで学び,1672年帰郷して家督を継ぎ,78年司祭となった。当時まったく顧みられなかった貧児教育に献身し,84年教職者をキリスト教学校修士会に組織。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラ・サール
ラ・サール
La Salle, René Robert Cavelier, Sieur de

[生]1643.11.22. ロウエン
[没]1687.3.19. セントルイス近郊
フランスの探検家。イエズス会の教育を受けた。 1666年モントリオールに移住。 69~70年オンタリオ湖エリー湖の南部を探検。カナダ総督フロンテナクに認められて,74年総督の代表としてフランスに派遣され,ミシシッピ川流域の交易の独占権を獲得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・サール

フランスの探検家。1667年カナダに赴き,奥地探検を試みた。1681年―1682年にはイリノイ川からミシシッピ川に入り,その河口まで達し,この河谷をルイジアナと名付けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ラ・サールの関連キーワードヤギエウォ朝五山・十刹ポーランド史反訴足利義持十刹ドナテロヤゲロー朝京都五山ゼンパハの戦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・サールの関連情報