ラージプート絵画(読み)ラージプートかいが(英語表記)Rājpūt painting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージプート絵画
ラージプートかいが
Rājpūt painting

インドのパンジャブ,ラジャスタン地方のヒンドゥー教徒の間で発達したミニアチュール (細密画) 。土俗的な宗教画が主流を占め,クリシュナ伝説やシバ神話などを主題としたものが多い。ラージャスターニー派とパハーリー派の2流派に大別され,16~19世紀後半に流行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラージプート絵画【ラージプートかいが】

16世紀から19世紀中期に主として北西インドのパンジャーブやラージプーターナーでラージプート王侯の保護のもとに作られた絵画。宮廷美術として栄えたムガル絵画に対してビシュヌ信仰やインド文学と結びついた民族芸術である点が特徴。ビシュヌ信仰を象徴化した青年クリシュナと乙女ラーダーの恋物語の描写が中心で,小さい画面に緻密(ちみつ)な描写と美しい彩色で描いたミニアチュールが多い。
→関連項目ラージプート

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラージプートかいが【ラージプート絵画】

北西インドを中心に16~19世紀中期に,ラージプートの王侯の保護のもとに制作された細密画。同時期のムガル細密画の影響を無視できないが,主題,画法ともに大いに異なり,ラージプート絵画はヒンドゥー教ことにビシュヌ神信仰と深く結びついて展開した。最も好まれた主題は,若くて美しい牛飼いの青年クリシュナと乳しぼりの乙女ラーダーとの恋である。ビシュヌ神の化身であるクリシュナの伝説は《バーガバタ・プラーナ》に詳しく,12世紀末のジャヤデーバの《ギータゴービンダ(牛飼いの歌)》はクリシュナと牧女との恋を美しくうたい上げている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラージプート絵画
らーじぷーとかいが

16世紀から19世紀前半にかけて、北西インドでラージプート諸王侯の保護のもとに制作された絵画。同時期のムガル帝国の宮廷で発達したムガル絵画の影響も無視できないが、ムガルの細密画が現実的・写実的なのに対して、これはヒンドゥー教、とくにビシュヌ神信仰と深く結び付いて発達した、庶民的な宗教美術である点に特色がある。
 したがって、もっとも愛好された主題は、若く美しい青年クリシュナ(ビシュヌ神の八番目の化身)と牧女ラーダーとの恋物語で、世俗的な表現をとるものの、あくまでも信仰の象徴として描かれている。この二人の恋を現実の男女の姿に仮託して表現する場合もあるが、そこでは男女関係はいくつかの類型に分けられ、それぞれの画面構成が細かく規定された。また、インド古典音楽の旋律理論「ラーガ」と結び付けて視覚化した楽曲画(ラーグマーラー)もつくられている。
 流派は、西部のラージャスターニー派、北部パンジャーブと西部ヒマラヤ地方のバハーリー派に二大別され、前者は平地派、後者は山地派ともよばれる。この二派は、表現技法上の特色によってさらに多くの分派を生んでいる。総じてラージプートの細密画は、鮮明な色彩を濃厚に平面的に塗り、強く細い輪郭線を用いて人物や動物などはかなり写実的に描くが、背景の家や木などは形式化されているのが特色である。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラージプート絵画の言及

【インド美術】より

…古くは貝葉(椰子の葉)を,15世紀ごろから紙を用い,東インドでは経典をはさむ木製の板にも描かれた。インドの細密画を代表するのは,16世紀以降の主として北西インドで盛行したムガル細密画ラージプート絵画である。前者はイランの細密画の影響のもとにイスラム教徒のムガル帝国の宮廷で発達し,宮廷生活,肖像,花鳥など現実的な主題を,透視法も用いて合理的に描いた。…

※「ラージプート絵画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android