コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージャタランギニー ラージャタランギニーRājataranˈgiṇī

3件 の用語解説(ラージャタランギニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージャタランギニー
ラージャタランギニー
Rājataranˈgiṇī

インド,サンスクリット語の歴史的叙事詩。「王統の流れ」と訳される。 12世紀頃の歴史家カルハナ作。インドカシミールの古代から 12世紀なかばまでの王統を年代的にうたっている。8章から成り,第1~3章は古来の伝承によるもので史的価値は少いが,第4章以下は碑文,銅板,家伝などに基づくもので信頼性が高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラージャタランギニー【Rājataraṅgiṇī】

インドのカルハナが12世紀半ばに著したカシミールの王統史。書名は〈諸王の流れ〉の意。サンスクリットのすぐれた韻文で書かれた8章7826詩句から成り,神話時代から12世紀までの歴史が記されている。カルハナは,文献,碑文,遺物,伝承など入手しうるあらゆる資料を利用して本書を著した。上代の記事は史書としての正確さを欠くが,時代を下るにしたがって記述は正確かつ詳細となる。カシミール古代の政治,経済,社会,宗教,文化を知るための最高の資料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラージャタランギニー
らーじゃたらんぎにー
Rjatarangin

1149年ごろカルハナKalhanaがインドのカシミールの歴史について太古から同時代まで編年体で叙述した書。8章、7826頌(しょう)からなる。訳は『諸王の流れ』。著者はカシミールのハルシャ王の宮廷に仕えた名門のバラモンであって、サンスクリット文学作品に精通していたうえ、伝説、碑文や建造物を調べて、この書を著した。これは美文調の韻文で歴代の諸王の事績をたたえたものであり、古い時代を扱った前半は資料的価値が乏しいが、7世紀以後のカルコータ朝、そのあとのローハラ朝12代、約150年を記した部分は、諸王の政策、支配体制、宗教や生活、慣習などについて貴重な資料となっている。[山崎利男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラージャタランギニーの言及

【カルハナ】より

…生没年不詳。古代から12世紀に至るカシミールの王統史《ラージャタランギニー》の著者。この書物はサンスクリットの美文体で書かれた叙事詩で,古代インドの数少ない史書の一つとして名高い。…

【歴史】より

…仏教徒やジャイナ教徒の間には,それぞれの宗教の歴史や,始祖に始まる長老の系譜が伝えられている。スリランカに伝わる《ディーパバンサ(島史)》と《マハーバンサ(大史)》は,釈迦の時代から4世紀に至るこの島の仏教史と政治史を編年史的に記したものであり,カルハナが著した《ラージャタランギニー》は,古伝承,古写本,碑文などの諸資料を駆使して書かれたカシミールの王統史である。仏教徒の間に伝わるアショーカ王伝説や,7世紀の宮廷詩人バーナBāṇaの《ハルシャチャリタ(ハルシャ王一代記)》のような,偉人伝も書かれている。…

※「ラージャタランギニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone