コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージャ ラージャ rāja

6件 の用語解説(ラージャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージャ
ラージャ
rāja

インド,サンスクリット語で「王」の意。アーリア人インダス川上流地方に定住した頃の部族制時代には部族の首長を意味したが,部族制から王制へ発展するにつれて「王」を意味するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラージャ(〈梵〉rāja)

インドで王の称号。古くは氏族集団の首長をさし、のち王権の伸長に伴い王は「マハーラージャ(大王)」などと称した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラージャ

古代インド・アーリヤ人の部族の首長や王の称号。サンスクリットで王の意。《リグ・ベーダ》の時代にはラージャンとも。後にはマハーラージャ(大王),ラージャーディラージャ(王のなかの統王)などの称号も用いられ,ラージャは小首長,大土地管理人,貴族などの称号となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラージャ【rāja】

サンスクリットなど古代インドの言語で〈王〉を意味する語。《リグ・ベーダ》の時代にはラージャンrājanの語形が用いられ,部族の首長を意味していた。後期ベーダ時代に入ると王権が伸張し,つづく仏教成立時代には専制君主政の発達をみる。当時のいわゆる十六大国のほとんどは王国であり,国王は自らをラージャと称した。一方,部族制度を維持したリッチャビ族の国家では,支配階層に属する者がみなラージャと称したという。インドで最初に帝国を建設したマウリヤ朝の王の称号もラージャである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラージャ【rāja】

〔王の意〕
インドの王侯の称号。古くは部族の首長をさしたが、のちにマハラージャ(大王)に対する地方首長の呼称となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラージャ
らーじゃ
rja

サンスクリット語をはじめとするインド諸語で「王」を意味する。初期ベーダ文献では「ラージャン」という語形が用いられ、部族の「首長」の意味に使われていたが、王権の伸張に伴い諸国の「王」を意味するようになった。後世さらに「王中の王(ラージャーディラージャ)」「大王(マハーラージャ)」「大王の中の王(マハーラージャーディラージャ)」などの称号も用いられるようになる。このうち「マハーラージャ」という称号は、イギリス植民地時代の藩王によっても用いられている。[山崎元一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラージャの関連キーワードコールブルックサンスクリット劇サンスクリット語借用語パーニニビュルヌフプラークリット語ヤバナサンスクリット双数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラージャの関連情報