リウトプランド(英語表記)Liutprand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウトプランド
Liutprand

[生]?
[没]744
ランゴバルド王 (在位 712~744) 。幼時内紛のため国を追われたが,帰国して王となった。東ローマ (ビザンチン) 帝国の聖画像破壊令 (→聖画像論争 ) による帝国内の混乱に乗じて,帝国領のラベンナ周辺地域,スポレト,ベネベントを奪い,ほぼ全イタリアを支配。フランク王国の宮宰カルル・マルテルと同盟してイスラムの侵入を阻止,この間の 730~742年にかけて2度ローマを包囲して,しばしば教皇に脅威を与えた。国内的には,王権の拡大,暴力的な復讐の抑止,財産取扱いの重視などの一連の法を発布し,王国の全盛期を築いた。

リウトプランド
Liutprand

[生]920頃
[没]972頃
イタリアの歴史家,司教。ロンバルディア地方の貴族で,イタリア王ユーグに小姓として仕えた。ユーグの死後イブレア侯ベレンガーリョ2世に仕え,949年コンスタンチノープルに使節として赴いた。帰国後イタリア王となったベレンガーリョ2世と対立し,955年ザクセンのオットー1世に近づき,961年クレモナ司教となった。その後,ローマの教会会議で勢力をふるい,968年使節として再度コンスタンチノープルに赴いた。958年頃から歴史の著述を始め,その著『贖罪』Antapodosisや『使節報告』Relatio de legatione Constantinopolitanaは,10世紀のイタリア,ドイツ,ビザンチン関係の重要史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リウトプランド【Liutprand】

?‐744
ランゴバルド王国の王。在位712‐744年。8世紀初めのイタリアの政治情勢,とりわけラベンナのビザンティン帝国総督とローマ教皇との間の対立を利用し,軍事力によってこの両者を交互に牽制しながら領域を拡大し,他方また諸侯の独立化を抑えて,もともと分立的傾向の強かったこの王国の歴史の中では最大の統一的勢力圏を築き上げた。晩年にはローマ教会の保護者としての立場を強め,教会を仲立ちとするローマ人とランゴバルド人の融和に尽力し,ロターリ王法典にも改訂を加えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android