コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュディア王国 リュディアおうこく

2件 の用語解説(リュディア王国の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

リュディア王国【リュディアおうこく】

古代小アジア西部の王国。首都サルディス。インドヨーロッパ語系のリュディアLydia人が建てた王国で,前7世紀初頭のフリュギア王国の滅亡後盛期を迎えた。土地は肥沃で,アジアとヨーロッパの商業路の要衝に当たり,ミダス伝説にみられるように黄金に富み,最古の鋳貨を作った。
→関連項目アダナエフェソスキュロス[2世]メディア王国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リュディアおうこく【リュディア王国 Lydia】

アナトリア南西部,ヘルモス川,マイアンドロス川に挟まれた地域を中心に,インド・ヨーロッパ語系のリュディア人が建てた王国。都はヘルモス川流域のサルディスで,前8世紀後半から前6世紀中葉にかけて繁栄した。リュディア王国の初期の歴史,とくにフリュギア王国と並行していた時代については明確でない。フリュギア王国が前7世紀初頭,キンメリア人の侵入で滅亡後,リュディア王国は,オリエント世界とギリシア世界を結ぶ政治・経済・文化の中心地として栄えるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リュディア王国の関連キーワードアナトリアアンカラアンヘル滝ガイアナグレートビクトリア砂漠シアン化ナトリウム大アンティル諸島ターヘルアナトミアアナトリアン・シェパード・ドッグカラバシュ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone