コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンゴ(林檎) リンゴMalus pumila; apple; crab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンゴ(林檎)
リンゴ
Malus pumila; apple; crab

バラ科の落葉高木。アジア中西部やインドの原産といわれ,日本には鎌倉時代に中国を経て渡来した。これはワリンゴまたはジリンゴと呼ばれるもので,今日,果樹として栽培されている系統は,主として幕末以後明治期に渡来したセイヨウリンゴの改良種である。セイヨウリンゴも種としては同一種できわめて古い時代に原産地からヨーロッパへ移入され,改良を重ねられた品種群である。樹高 6m,葉は卵形,鋭尖頭で帯白緑色をし,若葉には軟毛がある。春に,白色で径 3cmほどの美しい5弁花をつける。食用にする部分は花托の肥厚したもので,真の果実は芯の部分に相当する。リンゴは古くから広く栽培されてきたもので,2000年も前にすでに 22種の変種が数えられたといい,ヨーロッパやアメリカで改良が重ねられた結果今日では 1000をもって数えるほどの品種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リンゴ(林檎)【リンゴ】

ヨーロッパ南東部からアジア中部の原産といわれるバラ科の落葉低木または高木。一般に冷涼な気候を好む。葉は鋸歯(きょし)のある楕円形で互生する。花はふつう白〜帯紅白色で,子房は花托に包まれ,食用にするのは花托の部分。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リンゴ【リンゴ(林檎) apple】

バラ科リンゴ属Malusの中・高木性落葉果樹で,園芸上は仁果類に属す(イラスト)。ブドウとともに温帯果樹として最も重要なものである。
[形状]
 葉は広楕円形または卵円形で葉縁に鋸歯がある。花は1花序に数個着生し,中心花から開花して順次外がわに及ぶ。子房下位花で,花柱は5本,その基部は癒着し,細毛を着生している。果実は偽果で,花床の発達した食用部分と子房の発達した果芯部分とからなる。果形は球形から扁球形まで品種によって異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリンゴ(林檎)の言及

【カイドウ(海棠)】より

…カイドウ類はバラ科リンゴ属Malusのなかでは,とくに美しい花をつけ,観賞用に花木として栽植される。江戸時代に〈カイドウ〉と呼ばれていたものは,以下に述べるミカイドウであったが,現在ではハナカイドウに対して〈カイドウ〉の名が誤用されていることが多い。…

【高接病】より

…リンゴの品種更新の際,既存のリンゴ樹に新品種の穂木を高接ぎした場合に発生するウイルス病。高接病は,台木にマルバカイドウやミツバカイドウを用いる日本特有の病気で,デリシャス系などの穂木に潜在感染していたウイルスが,中間台を経て台木に感染すると,台木の木部や皮部に壊疽(えそ)や溝が生じ,数年で地上部の生育不良,枯死という症状を招く。…

【津軽平野】より

…このため県内では稲の生育条件に恵まれた地域で,近世までは日本の稲作の北限地であった。傾斜地や自然堤防上ではリンゴ栽培が盛んで,この地域で全国のリンゴ栽培面積の4割近くを占めている。また,この地域には津軽地方の産業・文化の中心である弘前市がある。…

※「リンゴ(林檎)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android