リーザ(英語表記)Lisa, Manuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リーザ」の解説

リーザ
Lisa, Manuel

[生]1772.9.8. ニューオーリンズ
[]1820.8.12. ミズーリセントルイス
アメリカの開拓者,毛皮交易者。 1790年頃ニューオーリンズからセントルイスに移住。ミシシッピ川上流地域の毛皮交易商となり,1807~08年ミズーリ川を探検,ビッグホーン川入口にマニュエル要塞を建設し,インディアンとの毛皮交易の基地とした。 11年マニュエル要塞を放棄して,現在のオマハの近くにリーザ要塞を築いたが,これは 13~22年ミズーリ川流域の最も重要な交易地となった。

リーザ
Riesa

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ドレスデン北西約 40kmのエルベ川沿いに位置する。 1111年創設のベネディクト会修道院が集落起源。 1623年都市権を得たがまもなく失い,1859年に商工業の発達により再び与えられた。ベルリン-ケムニッツ間およびライプチヒ-ドレスデン間の鉄道の交点にあたり,北ザクセン地方の水運の中心でもあって,商業が盛ん。鉄鋼繊維タイヤ精油,食品加工などの工業も立地する。人口4万 5440 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android