リービッヒ(英語表記)Justus Freiherr von Liebig

  • Liebig, Justus Freiherr von

化学辞典 第2版の解説

ドイツの化学者.ダルムシュタットに生まれる.家業不振のためにギムナジウムを中退して,一時薬局に奉公した.1820年新設のボン大学に入学,化学者K.W.G. Kastnerの信頼を得る.かれの推薦により1822年ヘッセン公国政府の給付を受けてパリに留学.L.J. ThenardやJ.L. Gay-Lussac(ゲイ-リュサック)らの講義を聴講し,とくにGay-Lussacの指導で雷コウ(雷酸水銀)の分析を行い,Gay-Lussacが科学アカデミーで発表し,A. Humboldtに注目されその知遇を得た.1823~1824年Gay-Lussacのもとで研究し,厳密で定量的な実験化学を身に付けた.1824年,21歳でHumboldtの推薦によってギーセン大学助教授になり,翌年教授に任命された.私設の薬学校(のちに大学と合併)と大学で多くの学生を教えた.とくにGay-Lussacの有機化合物の元素分析法を改良し,簡便・迅速で正確な分析法を確立し,その分析法を学生たちとともに使って,多数の化合物の元素分析結果を量産して有機化学という新分野を開拓した.さらに講義・学生実験・研究実験をセットとする今日の研究者養成法の原型を案出し,A.W. Hofmann(ホフマン),A.F. Kekulé(ケクレ),C.F. Gerhardt(ゲルアルト),C.A. Wurtz(ウルツ),A.W. Williamson(ウィリアムソン),E. Frankland(フランクランド),N.N. Zinin(ジーニン)など多くの弟子を育てた.この教育法は,留学生を通じて全世界に普及した.1826年,雷コウがF. Wöhler(ウェーラー)のシアン酸塩異性体であることを確かめ,異性現象が明らかになった.この研究を通して,Wöhlerとの45年にわたる盟友関係がはじまった.とくに1832年のベンゾイル基に関する共同研究は有名である.1852年ミュンヘン大学に転任し,大学外の大衆講義を引き受け,政府の科学・技術問題の顧問となった.Annalen der Chemie und Pharmacie(のちにLiebigs Annalenになる)の編集のほか,200に及ぶ論文のなかで,新化合物の発見,基の説,人造肥料中心の農芸化学,発酵,腐敗の生理学,動物体内の活力に関する見解など重要な研究が報告されている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android