コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルアンプラバン Louangphrabang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルアンプラバン
Louangphrabang

ラオス北部の都市。首都ビエンチャンの北北西約 220km,メコン川左岸の河港都市で,カン川の合流点に位置する。かつてはムオンスワー Muong Swaと呼ばれていたが,1353年に成立したラオ族の王国ラーンサーンの首都となったのち,王国の守護仏とされたプラバンと称する黄金の仏像にちなんでルアンプラバン (ルアンは「大きい」の意) と改称。 1563年ラーンサーン王国の首都はビエンチャンに移ったが,1707年ラーンサーン王国がルアンプラバン王国ビエンチャン王国に分裂するとともに前者の首都となった。その後タイの支配下に入り,1899年フランス領インドシナに編入されたが,1945年ルアンプラバン王がラオス全土の独立を宣言,以後 1975年ラオス人民民主共和国が成立するまで,市はラオス王国の王都であった。王都としての長い歴史のわりに小さく静かな町で,現在は商業中心地として周辺で産する農産物や林産物を集散する。近代工業は未発達であるが,伝統的な漆工芸や金銀細工が盛ん。町の中心部近くにあるプーシー丘には仏教寺院が多く,この丘に面しメコン川を背に旧王宮がある。 1995年世界遺産の文化遺産に登録。ビエンチャンと道路で結ばれる。人口6万 8399 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルアンプラバン

ラオス北部の山間の盆地にあり,メコン川に臨む古都。現地発音ではルアンパバーン。1353年に成立したラオス初の統一王朝ランサン王国の都で,その後も19世紀末フランスの保護国となったルアンプラバン王国の主都であった(1975年まで)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルアンプラバン【Luang Prabang】

ラオス北部にある旧王都。現在は上ラオス地方の中心都市で,同名省の省都。人口7万(1985)。首都ビエンチャンの北北西約220km,メコン川の河谷に開けた盆地に位置し,市街はメコン川とその支流ナムカン川の合流点に面する。河川交通の要衝で,ビエンチャンへは国道あるいはメコン川によって通じる。寒暖の差が大きく,霧の発生することが多い。市内随所に仏教寺院が建ち,漆や金銀細工による祭具,小物道具の製作で知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルアンプラバン
るあんぷらばん
Luang Prabang

ラオス北部、ルアンプラバン州の州都。メコン川とその支流ナム・カン川の合流点に位置する。人口2万6400(2003推計)。14世紀以来ランサン(「100万頭の象」の意)王国の首都であったが、18世紀後半からはタイの宗主権のもとに置かれ、19世紀後半にはフランスの保護領となった。1949年にラオス王国が成立すると、75年のラオス人民民主主義共和国が成立するまで首都の位置を占めた。かつての王城(現博物館)や、14世紀につくられたワット・ケオをはじめとする数多くの寺院が残っている。古くからタイ、ビルマ(現ミャンマー)などと交易が盛んで、現在は木材や絹織物の集散地となっている。なお、近郊にアンコール・ワットを発見したアンリ・ムーオの墓がある。この町は1995年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[菊池一雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルアンプラバンの関連キーワードラーマティボディ(1世)ペッチャブーン山脈チャンパサック王国セーターティラートA.J.M. パビインドシナ半島ラオス和平協定シサバン・ボンフォーンサーリラーマカムヘンスパヌウォンスコータイ朝ルアン・パバスファヌボンメコン[川]東南アジア史カンボジアタイ(国)ソンカーンバッタナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルアンプラバンの関連情報