コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルカヌス ルカヌスLucanus, Marcus Annaeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルカヌス
Lucanus, Marcus Annaeus

[生]39. コルドバ
[没]65
ローマの詩人。セネカ (大) の孫で,セネカ (小) の甥。ペルシウスと同じストアの門に学ぶ。ネロ帝の寵愛を受けて,若くして財務官職についたが,文学上の問題で帝の嫉妬を買い,以後一切の文学活動を禁じられた。憤慨した彼はピソの陰謀に加担,発覚して自殺を命じられた。現存する叙事詩『内乱記』 De Bello Civili (10巻) は誤って『ファルサリア』 Pharsaliaとも呼ばれているが,ポンペイウスカエサルの争いをテーマに,滅びゆく共和政の末路を暗い悲観主義の目で描いたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ルカヌス

スペインのコルドバ生れのローマの詩人。ストア派の哲学者セネカの甥(おい)。皇帝ネロの寵(ちょう)を得たが,ピソの陰謀に加わり,自殺を命ぜられた。カエサルとポンペイウスの争いを物語る叙事詩《ファルサリア(内乱)》10巻(未完)が現存し,共和制の崩壊のありさまを壮大な人物像とともに描いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルカヌス【Marcus Annaeus Lucanus】

39‐65
ローマ帝政初期の詩人。スペインのコルドバ生れで,ストア派哲学者セネカの甥にあたる。幼時にローマにわたり,恵まれた教育環境の中で成長し,20歳のころアテナイに留学した。自身詩作をたしなんだ皇帝ネロに才能を注目され,宮廷に呼ばれた。財務官をつとめるかたわら創作にはげみ数々の作品を発表したが,現存するのは絶筆となった主著《内乱賦》だけである。これはカエサルとポンペイウスの対立に端を発した前1世紀半ばの内乱を主題とした叙事詩で,決戦地ファルサロスの名をとって《ファルサリア》とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ルカヌス【Marcus Annaeus Lucanus】

39~65) ローマの叙事詩人。スペイン生まれ。ストア派哲学者セネカの甥。皇帝ネロにその才をねたまれ、のちネロ暗殺に加担し自害を強いられた。未完の作「内乱」一〇巻が伝存。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルカヌス
るかぬす
Marcus Annaeus Lucanus
(39―65)

古代ローマの詩人。スペインのコルドバ生まれ。大セネカの孫、小セネカの甥(おい)。ローマで、風刺詩人ペルシウスと同じストア派の門に学ぶ。ネロ帝を取り巻く文人サークルに属して散文、韻文に活躍し、財務官にも任ぜられたが、文才のゆえに帝の嫉妬(しっと)を買い、いっさいの文筆活動を禁じられた。そこで彼はいわゆるピソの陰謀に加わり、発覚して自殺を命じられた。未完の叙事詩『内乱』(別名『ファルサリア』)10巻が現存する唯一の作品で、カエサルとポンペイウスの争いと共和政の末路を描く。独裁者カエサルを悪の権化として告発し、過去の栄光に包まれたポンペイウスを非力な対抗者、小カトーを絶望的に抵抗するストア派の賢者として描き、結局この内乱を運命がもたらした無意味な事件ととらえている。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のルカヌスの言及

【コルドバ】より

…グアダルキビル川流域の豊かな農耕地帯を周囲に控えるコルドバは,ローマ期を通じてイベリアの代表的都市の一つとして大いに栄え,ローマ文化の一中心地だった。そしてローマ最大の思想家と評され,皇帝ネロの師であったストア哲学者セネカ,その甥で詩人のルカヌスその他の優秀な人材の生地であることから,〈子らに秀でたコルドバCorduba praepotens alumnis〉ともたたえられた。 しかし,コルドバがその歴史の中で最も繁栄し,広く知られるようになるのはイスラム期に入ってからである。…

【サテュリコン】より

…この宴会に参加した主人公たちによって,ぜいたくな食事のメニューやそこで交わされる会話が詳細に紹介されるが,この成上り者の趣味の悪さは皇帝ネロを批判したものとも考えられる。またエウモルプスという名の詩人を登場させ,大げさな叙事詩を発表させているが,これは同時代の詩人ルカヌスを風刺したものらしい。ほかにもエフェソスの寡婦にまつわるミレトス風の滑稽な小話が挿入されているのが有名である。…

【ラテン文学】より

…またそのほかの散文作家には,小説《サテュリコン》の作者ペトロニウス,百科全書《博物誌》の著者の大プリニウス,《書簡集》を残した雄弁家の小プリニウス,農学書を残したコルメラ,2世紀に入って,《皇帝伝》と《名士伝》を著した伝記作家スエトニウス,哲学者で小説《黄金のろば(転身物語)》の作者アプレイウス,《アッティカ夜話》の著者ゲリウスなどがいる。 詩の分野ではセネカの悲劇のほかに,叙事詩ではルカヌスの《内乱(ファルサリア)》,シリウス・イタリクスの《プニカ》,ウァレリウス・フラックスの《アルゴナウティカ》,スタティウスの《テバイス》と《アキレイス》など,叙事詩以外ではマニリウスの教訓詩《天文譜》,ファエドルスの《寓話》,カルプルニウスCalpurniusの《牧歌》,マルティアリスの《エピグランマ》,それにペルシウスとユウェナリスそれぞれの《風刺詩》などがみられる。2世紀初頭に創作したユウェナリスのほかはすべて1世紀の詩人たちである。…

※「ルカヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルカヌスの関連情報