コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドベキア ルドベキアRudbeckia; coneflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルドベキア
Rudbeckia; coneflower

キク科ルドベキア属の総称で,一年草または多年草北アメリカに約 30種が自生する。オオハンゴンソウなどは,日本の山野や空地に帰化している。全縁または深裂する葉が互生し,茎頂に頭状花をつける。花弁状の舌状花は鮮黄色で,しばしば基部が赤褐色になる。アラゲハンゴンソウ R.hirtaは全草に粗毛があり,`グロリオサ・デージー'などの品種で知られる。一般にじょうぶで育てやすく,花壇や切り花に用いられる。暖地では秋に,寒冷地では春に種子をまき,日当りと水はけのよい環境で育てる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ルドベキア

北米原産のキク科の一属の総称で,約10種がある。一〜多年草。頭花は枝先につき,周辺花は舌状で,中心花は半球形に盛り上がる。オオハンゴンソウは多年草で,高さ60〜120cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルドベキア【cone flower】

オオハンゴンソウ属Rudbeckiaは北アメリカ原産のキク科の耐寒性多年草または一~二年草で,約10種が知られ,近年は種間交配などによって育成された園芸品種も多い。多年生種の代表は野生化することもあるオオハンゴンソウR.laciniata L.(英名golden glow)やそれの園芸品種である八重咲きのハナガサギク(別名ヤエザキオオハンゴンソウ)cv.Hortensisが多く見られる。一年生種には,茎葉に粗毛のあるアラゲハンゴンソウR.hirta L.(=R.serotina Nutt.)(英名black‐eyed Susan,yellow daisy)と,これから改良された四倍体大輪のグロリオサ・デージーcv.Gloriosa Daisyが多く栽培され,後者には直径15cmにもなる大きな頭花が黄色,黄色に栗色の蛇(じや)の目入り,栗赤色などになるもののほか,八重咲品種もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ルドベキア【Rudbeckia】

キク科ルドベキア属の植物の総称。北アメリカ原産。観賞用にオオハンゴンソウなど数種が栽培され、また、日本各地に野生化している。頭状花は黄色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルドベキア
るどべきあ
[学]Rudbeckia

キク科ルドベキア属の総称。北アメリカ原産の一年草、越年草または多年草で、約25種知られる。ヒルタ(アラゲハンゴンソウ)R. hirta L.は一年草または越年草で、高さ50~90センチメートル。葉は下部のものは大形で披針(ひしん)形、長さ10センチメートル以上、上部のものは小形で長楕円(ちょうだえん)形または披針形。頭状花は単生で頂生し、中心花は黒色または暗褐色、辺花は基部は暗褐色で中央部から先は黄金色。品種にグロリオサ・デージーgloriosa daisyと八重のダブル・グロリオサ・デージーdouble gloriosa daisyがある。ビカラーR. bicolor Nutt.は一年草で、茎はほとんど分枝せず、高さ50~60センチメートル。花は7~8センチメートルの大輪で、中心花は黒色、辺花は基部は褐紫色でほかは黄色のものが多い。前種とともに花壇、切り花用にする。
 非常に強健で、多年草では野生化しているものもある。繁殖は、一、二年草のものは実生(みしょう)で4月下旬~5月上旬に播種(はしゅ)し、多年草は一般に株分けによる。[岡田正順]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ルドベキアの関連キーワードハナガサギクエキナセア

ルドベキアの関連情報