コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルメートル Lemaître, Frédérick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルメートル
Lemaître, Frédérick

[生]1800.7.28. ルアーブル
[没]1876.1.26. パリ
フランスの俳優。コンセルバトアール,オデオン座を経て,ブールバール劇場のメロドラマで大当りをとり,次いで『オセロ』『ハムレット』やデュマの『キーン』 (1836) ,ユゴーの『リュイ・ブラス』 (38) で名声を博した。その演技は計算と想像力を巧みに結合し,情熱的でしかも繊細さを失わず,フランスのロマン主義演劇の代表者とされた。

ルメートル
Lemaître, (François-Élie-) Jules

[生]1853.4.27. ロアレ,ベヌシー
[没]1914.8.5. ロアレ,トラベール
フランスの批評家。オルレアンの神学校で厳格な宗教教育を受けたのち,エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) に学ぶ。『ジュールナル・デ・デバ』紙と『両世界評論』誌の劇評を担当,広い教養と柔軟繊細な感性を示す印象批評の代表者とされる。評論集『同時代の人々』 Les Contemporains (8巻,1885~1918) ,『演劇印象記』 Impressions de théâtre (11巻,1888~1920) のほか,心理喜劇『許し』 Le Pardon (1895) など。またドレフュス事件に際しては人民投票要求派の陣頭に立ち,国粋主義,王党主義を掲げた。アカデミー・フランセーズ会員 (95) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルメートル(Jules Lemaître)

[1853~1914]フランスの批評家。フランスにおける印象批評の代表者。著「現代作家論」「演劇印象集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ルメートル

フランスの評論家。A.フランスと並ぶ印象批評の大家。ドレフュス事件では反ドレフュス側に立ち,のちアクシヨン・フランセーズに属し国粋主義的傾向を強くした。劇評が特に評価され《現代作家論》8巻(1885年―1918年),《演劇の印象》10巻(1888年―1920年)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルメートル【Frédérick Lemaître】

1800‐76
フランスの俳優。本名アントアーヌ・ルイ・プロスペル・ルメートルAntoine‐Louis‐Prosper Lemaître。ロマン派演劇最大の俳優で大衆演劇の主役として人気を博した。ル・アーブルに生まれ,パリの国立演劇学校(コンセルバトアール)に学ぶ。まずオデオン座に入り,1823年アンビギュ座に移り,ポーリヤントほか2人の共作メロドラマ(音楽の伴奏付の大衆活劇)《アドレの宿》の盗賊ロベール・マケール役で大成功,不朽の名声を得た。

ルメートル【Jules Lemaître】

1853‐1914
フランスの批評家。エコール・ノルマル・シュペリウールに学び,文学博士号を取得(1882)するが,1884年地方の教職を辞し,パリに出て文筆活動に専念,《ルビュー・ブルー》誌への寄稿によって才気あふれる批評家として注目された。それらの評論は《現代作家論》8巻(1886‐1918)に収められている。また《ジュルナル・デ・デバ》紙,ついで《両世界評論》誌の劇評を担当し,《演劇の印象》10巻(1888‐98)にまとめられる軽妙洒脱な批評を繰りひろげた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ルメートル【Lemaître】

〔Georges Henri L.〕 (1894~1966) ベルギーの天文学者。カトリックの司祭。一般相対性理論にもとづき、フリードマンとは独立に膨張宇宙論を主張。
〔Jules L.〕 (1853~1914) フランスの文芸批評家。規範を排した印象批評の代表的存在としてアナトール=フランスと並称される。著「現代作家論」「演劇印象集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のルメートルの言及

【天井桟敷の人々】より

…《おかしなドラマ》(1937),《霧の波止場》(1938),《日は昇る》(1939),《悪魔が夜来る》(1942)に次ぐジャック・プレベール脚本,マルセル・カルネ監督のコンビの代表作かつ最高傑作であり(このコンビの作品によって代表される当時のフランス映画が〈詩的リアリズム〉の名で呼ばれた),おそらく世界中でもっともよく知られたフランス映画の名作である。 第1部〈犯罪大通り〉,第2部〈白い男〉という2部構成で,1840年代のパリのブールバール・デュ・タンプル(〈犯罪大通り〉の名で呼ばれた)を主要な舞台に,パントマイムを舞台芸術にまで高めた偉大な創始者として知られるJ.G.ドビュロー,ロマン派演劇の名優F.ルメートル,悪名高き犯罪詩人ピエール・フランソア・ラスネールといった実在の人物が,娼婦ガランスやドビュローが活躍したフュナンビュール座の座長の娘ナタリーといった虚構の人物と入りまじって,まさに虚々実々の恋愛絵巻をくりひろげる波乱万丈の物語である。ガランスにアルレッティ,ドビュローにジャン・ルイ・バロー,ルメートルにピェール・ブラッスール,ラスネールにマルセル・エラン,座長の娘ナタリーにマリア・カザレスという完ぺきな配役と,彼らを取り巻く俳優陣(伯爵を演ずるルイ・サルー,〈乞食〉のガストン・モド,下宿屋のおかみジャーヌ・マルカン等々)のみごとな演技もあって,フランス映画の不朽の名作となっている。…

【フランス演劇】より

…大革命にもかかわらず継続したコメディ・フランセーズには,ナポレオンごひいきの擬古典主義的悲劇役者から,ロマン派好みの悲劇女優ラシェルを経て,世紀末にラシーヌ悲劇とユゴーとシェークスピアをともに演じえたサラ・ベルナールとムーネ・シュリーに至るまで名優が輩出する。しかし〈聖なる怪物〉の最も典型的な姿は,《天井桟敷の人々》の主人公の一人フレデリック・ルメートルにみることができる。彼はメロドラムの破壊的顕揚によって,メロドラムとロマン派演劇のヒーローとなり,舞台と実人生とを,生と自由性と演戯の限りない蕩尽の場としたからである。…

※「ルメートル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルメートルの関連キーワードフランソワ キュレル膨張宇宙モデル天井桟敷の人々ブラッスールビッグ・バンビッグバン説フランス演劇フリードマン7月28日4月27日7月17日宇宙原理文芸批評ラシーヌ宇宙論職長サシ宇宙

ルメートルの関連情報