コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイジンソウ

百科事典マイペディアの解説

レイジンソウ

本州〜九州の林間の湿った草地にはえるキンポウゲ科多年草。全体に柔らかく,茎は高さ40〜80cm,根出葉は長い葉柄があり,腎円形で掌状に5〜7中裂する。夏〜秋,茎頂や葉腋花穂を出し,淡紫色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レイジンソウ【Aconitum loczyanum Rapaics】

林のへりや草原に生えるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。地下茎は直立し,ふつう,いくつかの条に分かれ,根のようにみえる。茎は直立または垂れ曲がり,ふつう分枝する。根生葉は5~7中裂し,基部は心形,裂片は粗く鈍い鋸歯がある。花期は9~10月。花序総状,しばしば下部で分枝し,3~15個の花をつける。花は左右相称,淡紅紫色で,高さ約2.5cm。萼片は5枚,花弁状。頂萼片は細長いかぶと状になり,なかに2枚の蜜腺をもった花弁を入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レイジンソウ
れいじんそう / 伶人草
[学]Aconitum loczyanum Rapaics

キンポウゲ科の多年草。トリカブトに近縁であるが、本種の根は多年生である。茎は高さ30~80センチメートル、つねに円形の根出葉がある。8~9月、総状花序をつくる。兜(かぶと)状の上萼片(がくへん)は細長く、淡紫色で、青みは帯びない。花柄は開出毛を密生する。温帯の林内に生え、関東地方以西の本州から九州に分布する。近縁種に、中部地方以北の本州に分布するアズマレイジンソウA. pterocaule Koidz.と滋賀県伊吹山(いぶきやま)特産のイブキレイジンソウA. chrysopilumがあり、これらは花柄に屈毛を密生する。名は、花の形が舞楽の伶人(れいじん)がかぶる冠に似ることによる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レイジンソウの関連キーワードオオレイジンソウアコニット雛草

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android