コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイジンソウ

3件 の用語解説(レイジンソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

レイジンソウ

本州〜九州の林間の湿った草地にはえるキンポウゲ科多年草。全体に柔らかく,茎は高さ40〜80cm,根出葉は長い葉柄があり,腎円形で掌状に5〜7中裂する。夏〜秋,茎頂や葉腋に花穂を出し,淡紫色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レイジンソウ【Aconitum loczyanum Rapaics】

林のへりや草原に生えるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。地下茎は直立し,ふつう,いくつかの条に分かれ,根のようにみえる。茎は直立または垂れ曲がり,ふつう分枝する。根生葉は5~7中裂し,基部は心形,裂片は粗く鈍い鋸歯がある。花期は9~10月。花序は総状,しばしば下部で分枝し,3~15個の花をつける。花は左右相称,淡紅紫色で,高さ約2.5cm。萼片は5枚,花弁状。頂萼片は細長いかぶと状になり,なかに2枚の蜜腺をもった花弁を入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レイジンソウ
れいじんそう / 伶人草
[学]Aconitum loczyanum Rapaics

キンポウゲ科の多年草。トリカブトに近縁であるが、本種の根は多年生である。茎は高さ30~80センチメートル、つねに円形の根出葉がある。8~9月、総状花序をつくる。兜(かぶと)状の上萼片(がくへん)は細長く、淡紫色で、青みは帯びない。花柄は開出毛を密生する。温帯の林内に生え、関東地方以西の本州から九州に分布する。近縁種に、中部地方以北の本州に分布するアズマレイジンソウA. pterocaule Koidz.と滋賀県伊吹山(いぶきやま)特産のイブキレイジンソウA. chrysopilumがあり、これらは花柄に屈毛を密生する。名は、花の形が舞楽の伶人(れいじん)がかぶる冠に似ることによる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイジンソウの関連キーワード唐松草金梅草草牡丹信濃金梅節分草仙人草紅葉唐松馬の足形白銀草立金花

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone