コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイノー病 レイノーびょうRaynaud's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイノー病
レイノーびょう
Raynaud's disease

フランスの医師 M.レイノー (1834~81) が 1862年に記載したレイノー症候群の一型。寒冷や情動によって発作的に四肢末端の動脈が収縮し,指が蒼白となって,しびれ感を伴う現象をレイノー現象というが,原病があって二次性にこの現象を起すものをレイノー症候群,原病が明らかでなく原発性にこの現象を起すものをレイノー病という。レイノー病は左右対称性に起り,若い女性に多い。治療は対症的に血管拡張剤を使用したり,ときに交感神経切除を行うこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レイノー‐びょう〔‐ビヤウ〕【レイノー病】

寒冷などにより手足の小動脈が発作的に収縮し、蒼白・チアノーゼ発赤・冷感・痛み・蟻走感(ぎそうかん)などの現象が起こる病気。1862年にフランスの医師レイノー(M.Raynaud)が報告。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レイノー病【レイノーびょう】

寒冷など刺激を受けたとき,手足の血管の収縮によって末端にチアノーゼが起こる病気。思春期以降の女性に起こることが多い。原因は不明で,膠原(こうげん)病やバージャー病によって同様の症状が起こるものはレイノー症候群とよぶ。
→関連項目全身性エリテマトーデス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レイノーびょう【レイノー病 Raynaud’s disease】

レイノー症状を示す病気の一つ。レイノー症状とは,寒いときに手の指が真っ白になったり,紫色になったりして冷たく,暖めると回復する症状をいう。指先の血液循環は外界の状況に応じて,あるときは血管が収縮し,あるときは拡張するというように自動的に調節されているが,レイノー症状では寒さによって指先の血管収縮が異常に強くかつ長く起こる。レイノー症状のうち,原因不明のものをレイノー病(したがって原因療法はない),膠原(こうげん)病や振動工具の使用に伴うもの(白蠟病)をレイノー症候群と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レイノー病
れいのーびょう

レイノー症候群のうち、基礎疾患が認められず、四肢の小動脈の機能的な収縮によっておこるものをいい、一次性レイノー症候群ともいう。
 若い女性に多く、男性の約4~5倍で、20歳前後の発症例が過半数を占めている。徐々に発症し、初めは指先だけにおこるが、やがて指全体に広がる。多くの場合、手の指に発症するが、ときには足の指にもみられる。両手足に対称性に出現し、皮膚の色調が蒼白(そうはく)、チアノーゼ、あるいは紅潮などに変化し、同時にしびれ感、疼痛(とうつう)、灼熱(しゃくねつ)感を伴うことが多い。寒冷になる季節や環境、また情緒刺激で症状が悪化し、月経時に増悪することもある。長期間経過した症例では、皮膚の肥厚や手足の指の先端に潰瘍(かいよう)を生ずることがまれにある。
 治療法としては、誘因となる寒冷刺激を避けるような日常生活の管理や、症状の変化に対する不安感を取り除くことがたいせつで、必要があれば鎮静剤を投与する。薬物療法としては血管拡張剤が使用されるが、効果は一時的である。進行性潰瘍の形成が認められる症例に対しては、交感神経切除術が行われることもある。[木村和文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レイノー病の関連キーワードレイノー病/レイノー症候群バイオフィードバック膠原病の皮膚症状混合性結合組織病自律神経失調症レイノー症状カリクレイン神経ブロック低周波療法蟻走感膠原病強皮症潰瘍

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android