コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ・アフリカヌス レオアフリカヌス

百科事典マイペディアの解説

レオ・アフリカヌス

ムーア人の旅行家。本名は,ハサン・ブン・ムハンマド。スペイングラナダで生まれ,モロッコフェズで教育を受けたのち,西アフリカソンガイ帝国ハウサ諸国を訪れ,さらにスーダン東部を越えてエジプトまで旅行した。のちに教皇レオ10世の保護のもとでイスラムからキリスト教へと改宗し,教皇の名を与えられてレオ・アフリカヌス(〈アフリカのレオ〉)として知られるようになった。彼の旅行記《アフリカ誌》は,1550年にまずイタリアで出版され,その後ヨーロッパの諸言語に翻訳されて広く読まれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レオ・アフリカヌス
れおあふりかぬす
Leo Africanus
(1493―1552ころ)

16世紀初頭にアフリカのスーダン地方を探検した、ムーア人の旅行家。スペインのグラナダでイスラム教徒として生まれ、モロッコのフェズで教育を受けた。1510~13年ごろスーダン地方を旅行し、最盛期のソンガイ帝国の都トンブクトゥやハウサ諸王国、カネム帝国を占拠したブララ王国などを訪問した。1518年にチュニス付近で海賊船に捕らえられローマに連行されたが、ローマ教皇レオ10世によってその業績を認められた。教皇からジオバンニ・レオニという名を与えられたが、一般にはレオ・アフリカヌス(アフリカのレオ)とよばれた。
 1526年に見聞録『アフリカの歴史と地誌』が完成し、50年にイタリア語版、1660年に英語版が刊行され、のちに『アフリカ誌』の著名で広く知られるようになった。同書にはニジェール川が東から西へ流れているという誤謬(ごびゅう)もあるが、当時の黒人アフリカの史料として重視されている。[中村弘光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レオ・アフリカヌスの関連キーワードスーダン(地域)アフリカ探検

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android