コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケット推進剤 ロケットすいしんざい

百科事典マイペディアの解説

ロケット推進剤【ロケットすいしんざい】

プロペラント,推薬とも。普通は化学系推進剤をさす。燃料の燃焼によって化学エネルギーを熱エネルギーに変え,これを燃焼によって生じたガスに伝えて運動エネルギーをもたせ,その噴出によって動力を得る。
→関連項目燃料フリーラジカル推進剤ロケット(工学)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロケットすいしんざい【ロケット推進剤 rocket propellant】

ロケット推進において反動としての推力を得るために噴射される物質。いわゆる液体ロケットや固体ロケット(化学ロケットと総称する)では,推進剤は燃焼反応を通じて熱エネルギーを発生し噴射のエネルギー源ともなる。そのような可燃性化学物質あるいはその組合せである化学ロケット用推進剤を単に推薬ともいう。ここでは化学ロケットの推進剤について述べ,原子力ロケット,光子ロケット,電気ロケットの推進材についてはそれぞれの項目を参照されたい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロケット推進剤の関連キーワードダブルベース推進剤コンポジット推進剤ロケット(工学)硝酸エステルプロペラントゴダード比推力発射薬

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android