コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシア・ソビエト音楽 ロシアソビエトおんがく

世界大百科事典 第2版の解説

ロシアソビエトおんがく【ロシア・ソビエト音楽】

革命前のロシア帝国の時代からソ連邦に至るまでの音楽について概観する。しかし旧ソ連邦には,130以上の異なる言語があるといわれるほど多様な民族が住んでおり,その音楽文化を全体として統一的にとらえることには大きな困難が伴う。全人口の半分以上を占めるロシア連邦共和国の音楽が中心となるが,南の黒海沿岸からカスピ海岸,さらにその東の中央アジアへかけては,西アジア文化圏の影響を強く受けていて,高度な宮廷音楽文化が栄えてきたし,北西のバルト海沿岸地方では,バルト系の諸族に対するドイツ人の支配が続いたので,中世以来ヨーロッパの音楽文化に接してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロシア・ソビエト音楽の関連キーワードアンドレ プレビンロシア音楽

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android