コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローヤル・ソサエティ Royal Society

翻訳|Royal Society

1件 の用語解説(ローヤル・ソサエティの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ローヤル・ソサエティ【Royal Society】

王立協会ともいわれる。正式の名称は〈自然についての知識を改善するためのロンドン王立協会The Royal Society of London for Improving Natural Knowledge〉。1660年に設立され,イギリスで最も古く,かつ最も権威のある学術団体。17世紀における近代科学の成立,いわゆる科学革命のさなか,伝統的な自然観や学問体系にあきたりないものを感じていた知識人や哲学者たちは,実験と観察に重きをおく〈新哲学〉ないしは〈実験哲学〉に強くひかれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のローヤル・ソサエティの言及

【アカデミー】より

…リシュリューが創立したアカデミー・フランセーズ(1637),マザランによる王立絵画・彫刻アカデミー(1648),ついでコルベールによる碑文・文芸アカデミー(1663),アカデミー・デ・シアンス(1666),音楽アカデミー(1669)などは,いずれもフランス国家公認の学術団体で,フランス語の整備,フランス文化の向上,科学技術の発展といった文化政策の一翼を担わされている。フランスのアカデミー・デ・シアンスと並び称されるのがロンドンのローヤル・ソサエティ(王立協会)で,1662年に国王チャールズ2世の認可を受け,数学,物理学,生物学に関する数多くの調査を実施した。1703年にはI.ニュートンが会長に選出されている。…

【アカデミー・デ・シアンス】より

…一方コルベールは,科学者および科学研究の制度化を通じて,科学を国家の発展と栄光に役立てることができると考えた。このような経緯で設立された科学アカデミーは国家機関であり,王立とは名ばかりで内実は科学愛好家のサークルにすぎなかったイギリスのローヤル・ソサエティ(王立協会,1660創立)とは存立の基盤を異にしている。会員には俸給が支払われ研究費も与えられたが,反面,特許申請の処理や研究プロジェクトの遂行など,多くの義務が課された。…

【科学】より

…体系的な知識,正確でしっかりした知識というような意味合いが生まれる可能性がそこに含まれていたとする説もある。17世紀にイギリスでも用いられるようになったとき,この言葉は,ユークリッド幾何学のような演繹(えんえき)的にがっちりと組み立てられた知識体系を指すこともあり,また実験や観察から得られた知識を指すこともあったが,たとえば今日では科学にかかわる学会と考えられているローヤル・ソサエティが1660年代に生まれたとき,〈自然についての知識の改良のための学会〉とうたわれているにせよ,そこでの〈知識〉はknowledgeであって,scienceは使われていない。これは,この学会をまねてつくったといわれるフランスのアカデミー・デ・シアンスが,はっきりとsciences(複数)と表現しているのと対照的である。…

【科学教育】より

…一般に科学を学ぶ人々は,啓蒙的,教育的な色彩をも兼ねた研究書によって学び研究したのである。イギリスのローヤル・ソサエティRoyal Society(1662創立)のような集りは,科学の相互教育の機関として機能した。18世紀初めになると,大学の外で有料の科学の連続講座が開かれるようになった。…

【学会】より

…しかし,アカデミア・デイ・リンチェイも,メルセンヌ・アカデミーも,さらには,57年,メディチ家をパトロンとして発足したアカデミア・デル・チメントAccademia del Cimentoも,制度的・財政的な基盤が脆弱(ぜいじやく)で,中心的人物やパトロンと運命をともにせざるをえず,したがって活動期間も長くは続かず,いずれも短命に終わってしまった。これに対して,60年ロンドンに設立されたローヤル・ソサエティは今日も存続しており,最も権威ある学会の一つとなっている。実質的には近代的な学会のモデルとなったローヤル・ソサエティは次のような特色をもっていた。…

【ボイル】より

…54年にはドーセットシャーの荘園からオックスフォードに住居を移し,グレシャム・カレッジ出身の科学者グループに参加して科学活動に専心した。このグループは実験に基づく有用な学問を推進するというベーコン主義の理想を掲げ,後のローヤル・ソサエティの核となった。 ボイルは57年ころO.vonゲーリケの真空実験を知り,助手のR.フックの製作した空気ポンプを用いてさまざまな実験を行い,《空気の弾力に関する自然学的新実験》(1660)を著した。…

※「ローヤル・ソサエティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローヤル・ソサエティの関連キーワードRSA間道角界然も言われたり土針RICロイヤルソサエティー優先の法則(生物命名)土佐光持日本フェンシング協会

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone