コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローラット法 ローラットほうRowlatt Acts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローラット法
ローラットほう
Rowlatt Acts

1919年3月,インド政庁によって可決された治安維持法。 S.ローラットを委員長とする治安委員会報告にそって,3ヵ年の期限つきで実施された。第1次世界大戦中に活発化した民族運動を封じ,言論や政治活動の自由の抑圧を目的として,令状なしの逮捕や,正規の裁判なしの禁錮などを内容としたこの法律は,大戦に協力したインド人中産階層の自治への夢を粉砕したが,民族運動に大衆的基礎を与えるという逆効果を生じた。 M.ガンジーは抗議運動を組織したが,これは同年4月のアムリッツァル虐殺事件を引起した。しかし,この抗議運動は非暴力運動として継承され,ガンジーを民族運動の新しい指導者として決定づけた。なお同法は現実に適用されることはなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ローラット法【ローラットほう】

第1次大戦中に高まったインドの民族運動を強圧的に抑制するため,1919年英国植民地政庁のとった立法措置。正称は〈無政府・革命分子犯罪取締法Anarchical and Revolutionary Crimes Act〉。
→関連項目ガンディー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローラットほう【ローラット法 Rowlatt Act】

第1次大戦後のインド内の反英闘争を弾圧するために,戦時中のインド防衛法に代わるものとしてインド政庁が1919年3月に施行させた法律で,正称は〈無政府・革命分子犯罪取締法Anarchical and Revolutionary Crimes Act〉。その法案のもとになったのは,1917年にインドの治安状況とその対策を調査するために任命された委員会の報告で,その委員長の名をとって法律に冠せられ,通称となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ローラットほう【ローラット法】

1919年にイギリスのインド政庁が制定した治安法令。インド人を無審理で逮捕投獄しうることなどを内容とし、民族運動の弾圧を目的とした。これに対しガンジーが不服従運動を展開。 〔ローラットは調査委員会の長(S. Rowlatt)の名〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローラット法
ろーらっとほう
Rowlatt Act

第一次世界大戦後、インド内の反英運動を弾圧するために、インド防衛法にかわるものとして1919年3月にインド政庁が成立させた法律。正確には「無政府・革命分子犯罪取締法」という。この法律のもととなったのは、17年にインドの治安状況とその対策の調査のため任命された委員会の報告で、その委員長S・ローラットの名を冠してこの名でよばれる。逮捕状なしの逮捕、普通の裁判手続抜きの投獄など、民族運動への法外な弾圧を目ざす治安維持法であった。法案として提出された段階からインド内の激しい反対運動をもたらしたが、19年4月のジャリアンワーラーバーグ(アムリッツァル)虐殺事件によってその運動はいっそう激化し、ガンディーに指導される第一次サティヤーグラハ(非暴力的抵抗)運動とよばれる、第一次大戦後のインドの大衆的反帝国主義闘争展開へのきっかけをつくったものといえる。[内藤雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のローラット法の言及

【インド】より

… 第1次世界大戦が始まると,インド人は多大の犠牲を払ってイギリスに協力し,その代償として自治権を漸次付与するという公約をかち取った。しかし戦後の19年に制定されたインド統治法ではその公約は十分に果たされておらず,かえって民族運動の弾圧を目的としたローラット法が施行されたため,インド人の失望は大きかった。この時期に反英運動の指導者として登場したのがM.K.ガンディーで,彼はローラット法に反対してハルタル(罷業)を宣言し,また20年から22年にかけて国民会議派とムスリム連盟を指導して非暴力不服従運動を展開した。…

※「ローラット法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローラット法の関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)モハンダス・カラムチャンド ガンディーアムリットサルの虐殺アムリッツァルの虐殺ハーン ガッファルガッファル・カーンガファール・ハーンインド国民会議派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android