コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワカメ(若布) ワカメUndaria pinnatifida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワカメ(若布)
ワカメ
Undaria pinnatifida

褐藻類コンブ目コンブ科の海藻。潮間帯の最下部から漸深帯にかけての岩上に着生する。藻体は左右に羽状の裂片をもち,下部はやや平らにつぶれた茎となり,繊維状の仮根が発達している。成熟した藻体には耳と称して,葉状部と茎部との間に厚い布を幾重にも折りたたんだような部分が生じ,この中に遊走子嚢ができる。遊走子は海底の基物上で発芽し糸状の有性世代となり,雌雄それぞれの株に生卵器および造精器がつくられる。受精器が発芽し岩盤に着床すれば新個体として発育する。北海道 (室蘭以西,礼文島以南) ,本州沿岸,瀬戸内海,九州西・北岸および朝鮮半島に分布している。古くから食用とされているが,北九州市門司区にある和布刈 (めかり) 神社の神事 (和布刈神事 ) は『延喜式』の時代から伝承されたものといわれ,日本人が古くからワカメに深い関心をもっていたことがわかる。なお,北方の海域ではナンブワカメ U. pinnatifida form. distansという品種があり,これは耳が葉状体と離れて茎の中ほどにできる点が本種とは異なるとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワカメ【ワカメ(若布) Undaria pinnatifida (Harvey) Suringer】

褐藻類コンブ目アイヌワカメ科の食用海藻(イラスト)。ワカメは日本および朝鮮半島沿岸に分布し,日本では,暖流の影響のある北海道の西岸から広く九州まで及ぶ。低潮線付近から漸深部にかけての岩上に生育し,春から初夏にかけて繁茂する。藻体は根,茎,葉よりなり,全長1~2mになる。暖海のものは茎部が短く,葉部の切れ込みも少ないのに対し,寒海のものは茎部が長く,葉部の切れ込みが深い。このように産地によって形状に差があるので,ワカメは分類上は1種類であるが,ナルトワカメ,ワカメ,ナンブワカメの3型に分けられることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のワカメ(若布)の言及

【採草採貝業】より

…水深20mぐらいまでの藻類が対象なので,漁業の規模は小さく,3トン未満の漁船による操業がほとんどである。おもな対象種は,食用とするコンブ,ワカメと寒天原料のテングサ,オゴノリなどである。コンブは北海道周辺と青森県北部の一部で夏採取され,だいたい年間10万~15万tの水揚げがある。…

【和布刈神事】より

…一般には和布刈祭と呼ばれており,旧暦の大晦日夜半から元旦にかけて同時に,山口県下関市住吉神社と福岡県北九州市門司区の和布刈神社(隼人明神,早鞆(はやとも)様とも呼ばれる)で行われる神事。両神社とも神功皇后の三韓征伐伝承に深い関係をもつといわれ,住吉神社の社伝では最初の神主践立(ほんだち)命が神功皇后の命により壇ノ浦の和布(ワカメ)を刈り,元旦の供え物としたことから始まるとされる。また和布刈神社の社伝では安曇磯良(あずみのいそら)が海底に入って,皇后に潮干珠,潮満珠の法を授けたことに由来するとされている。…

※「ワカメ(若布)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワカメ(若布)の関連キーワードアラメ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android