コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和布刈神事 めかりしんじ

4件 の用語解説(和布刈神事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和布刈神事
めかりしんじ

ワカメを刈り取って神前に供える神事。関門海峡を挟む福岡県北九州市門司区の和布刈神社(めかりじんじゃ)と山口県下関市一の宮の住吉神社で旧暦大みそかの深夜(元日未明)に,島根県出雲市大社町の日御碕神社(末社熊野神社)では新暦と旧暦の 1月5日に行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

和布刈神事【めかりのしんじ】

福岡県北九州市門司の和布刈神社と対岸の山口県下関市住吉神社で,旧暦12月晦日(みそか)の夜から元旦にかけて同時に行われる神事。1000年余り前に始められた古神事で,和布刈鎌を持った神官が深夜の海に入り,松明(たいまつ)の明りでワカメを刈り神前に供える。
→関連項目門司[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めかりのしんじ【和布刈神事】

一般には和布刈祭と呼ばれており,旧暦の大晦日夜半から元旦にかけて同時に,山口県下関市住吉神社福岡県北九州市門司区の和布刈神社(隼人明神,早鞆(はやとも)様とも呼ばれる)で行われる神事。両神社とも神功皇后の三韓征伐伝承に深い関係をもつといわれ,住吉神社の社伝では最初の神主践立(ほんだち)命が神功皇后の命により壇ノ浦の和布(ワカメ)を刈り,元旦の供え物としたことから始まるとされる。また和布刈神社の社伝では安曇磯良(あずみのいそら)が海底に入って,皇后に潮干珠,潮満珠の法を授けたことに由来するとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和布刈神事
めかりのしんじ

福岡県北九州市門司(もじ)区和布刈町に鎮座する和布刈神社(旧県社)で旧暦12月晦日(みそか)から元旦(がんたん)の未明にかけて執行される特殊神事。関門海峡を隔てた対岸に鎮座する住吉(すみよし)神社(旧官幣中社)でも同日同時刻に同神事を執行する。深夜午前1時から3時ごろの干潮時に神職3人が正装し、鎌(かま)と松明(たいまつ)を持って海中に入り、和布(わかめ)を刈り取って神前に供える神秘の行事。この和布は万病に効くと伝えられ、朝廷にも献上した。神功(じんぐう)皇后がいわゆる「三韓(さんかん)征伐」のため付近を航海中に安曇磯良神(あずみいそらのかみ)が海中より献上した如意珠(にょいじゅ)を使って三韓を征したが、皇后が磯良神より潮干・潮満の法を学んだ遺風を伝えるのがこの神事という。元旦最初の神供として土地所産の供物を採取する意義がある。[薗田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和布刈神事の関連キーワード旧暦和布刈り・和布刈・和布苅り・和布苅和布刈りの神事・和布刈の神事・和布苅りの神事・和布苅の神事和布刈り舟・和布刈舟・和布苅り舟・和布苅舟和布刈和布刈の神事めかぶの日和布刈公園和布刈神社和布刈祭

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和布刈神事の関連情報