ワタスゲ(綿萱)(読み)ワタスゲ(英語表記)Eriophorum vaginatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤツリグサ科の多年草。北半球の冷温帯に広く分布し,日本では本州中部以北の湿原にしばしば群生する。大きな株をつくり,茎は円柱状,高さ 40cmに達する。葉は線形で,茎の下部から上向きに出る。夏に,1花穂を出し多数の花をつける。子房の下に白くて長いひげ状の毛があり,花後に伸長して綿のようになる。サギスゲによく似ていて混同されるが,サギスゲは地下茎が長くはい,花穂 (小穂) も多数出る点で区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android