コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワタスゲ

世界大百科事典 第2版の解説

ワタスゲ【cotton‐grass】

穂全体が熟すと白い綿毛におおわれるカヤツリグサ科の高山植物(イラスト)。多年草で,細い葉と茎が密生して大きな株となる。葉は大部分が根生し1~2枚が茎上生で,針金のような線形,幅は1mmくらいである。茎は円柱形で高さ60cmほど,途中に茶色から黒っぽい膜質の鞘(さや)が1個ある。6~8月に出る小穂は1個で茎に頂生し,薄膜質で灰黒色の鱗片がたくさんつく。両性花には6本の刺針があり,果実が熟すころ,それらが2~3cmにも伸びて,白色の綿毛となり鱗片からはみ出してくるので,小穂全体が綿毛をかぶってたんぽ槍のようにみえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワタスゲ
わたすげ / 綿菅
[学]Eriophorum vaginatum L.

カヤツリグサ科の多年草。根茎は短く、密に叢生(そうせい)して大きな株をつくる。高さ20~40センチメートル。5~6月、茎頂に灰黒色で長さ約2センチメートルの小穂をつける。花期後、花被片(かひへん)は伸びて綿毛状になり、小穂を包む。名は、小穂を綿に見立てたもの。湿地に生え、中部地方以北の本州の高山、北海道、および北東アジア、シベリア、ヨーロッパ、北アメリカに分布する。サギスゲとよく混同されるが、ワタスゲは小穂が1個で、根茎を伸ばさずに叢生するので区別される。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のワタスゲの言及

【湿原】より

…さらに泥炭の集積が進み,ミズゴケ類が生育しはじめて高層化してくると中間湿原に発達する。この段階では,スゲ類に加えてヌマガヤ,ワタスゲ,オオイヌノハナヒゲなどの植物が多くなる。全域のミズゴケが生長しさらに高層化すると,ドーム状に中央がもり上がる。…

※「ワタスゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ワタスゲの関連キーワードピークディストリクト国立公園利尻礼文サロベツ国立公園エリオフォラム泥炭サギスゲ(鷺菅)世界谷地原生花園ひるがの高原尾瀬国立公園雨竜沼湿原青森(県)霧多布湿原天塩平野戦場ヶ原八甲田山無意根山駒止湿原宮床湿原中間湿原眉掃草奥日光岩菅山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワタスゲの関連情報