ワッフル(英語表記)waffle

翻訳|waffle

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「ワッフル」の解説

ワッフル【waffle】

洋菓子一種小麦粉バター牛乳砂糖などを混ぜて作った生地を、格子模様の凹凸のついた2枚の鉄板で挟んで焼いたもの。焼き上がったワッフルにはその格子模様がつく。代表的なものとして、イーストを用いて生地を発酵させて作る「ベルギーワッフル」があり、リエージュ風とブリュッセル風がある。前者は小型の楕円形で、格子が大きくて深く、パールシュガーという粒の大きな砂糖が入っていて、そのまま食べることが多い。後者は比較的大きな長方形で、格子が細かくて浅く、メープルシロップやチョコレートソースをかけたり、ジャム・生クリーム・果物・アイスクリームなどを添えたりして食べることが多い。また、イーストを用いず、ベーキングパウダーで生地をふくらませて作り、そのため比較的ふわふわとした食感のある「アメリカンワッフル」もあり、比較的大きな長方または円形で、格子は細かくて浅く、食べ方はブリュッセル風に近い。◇「ゴーフル」ともいう。ゴーフルはフランス語。
②洋菓子の一種。小麦・卵・牛乳・砂糖などを混ぜ、スポンジケーキのようにふんわりと小型の楕円形に焼いた生地に、種々のクリーム・ジャム・あんなどを挟んで柏餅のように二つ折りにしたもの。◇日本独自の洋菓子とされる。東京都墨田区両国にあった洋菓子店「米津凮月堂」(現・東京凮月堂)を開業した米津松造の次男、恒次郎が1884(明治17)年~1890年のアメリカ・ロンドン・パリでの修行を終え、帰国後ウエハースにヒントを得、カステラのような生地にあんを挟んだものを考案、ワッフルの名で販売したとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ワッフル」の解説

ワッフル
わっふる
waffle

ワッフルはホットケーキ、グリルドケーキと同列のもので、ワッフル型という特製の焼き型で焼いた洋菓子の一種。フランスでゴーフルとよばれる。もともとはアメリカで朝食として用いられていたもので、専用の器具すなわち焼き型は鋳物製で、やや深めの凹凸があり、四つに仕切られている。油を塗った各仕切りの中に用意した材料を流し込み、蓋(ふた)をして焼く。この焼き型は、日本では大正初期にはまだ珍しく、当時は横浜で買うことができたという。現在では精巧な電気焼き型ができている。この器で焼いたワッフルは二つ折りにして、中にカスタードクリーム、ジャムなどを挟んで洋生菓子風につくられている。

 作り方は、薄力粉(はくりきこ)にベーキングパウダーと塩を混ぜて二度ふるっておく。ボウルに卵黄と砂糖を泡立て器で混ぜ、蜂蜜(はちみつ)を加えてよく混ぜて牛乳を加える。別に卵白を泡立てて卵黄のほうへ混ぜ合わせ、ふるった小麦粉を2回に分けて入れる。生地(きじ)の状態は玉じゃくしで落として流れる程度にして、30分冷所で休ませてから焼く。焼けたら2枚あわせてジャムを挟むか、ぬれぶきんの上にとってジャムを塗り二つ折りにする。大衆に親しまれた味である。

[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ワッフル」の解説

ワッフル
waffle

洋菓子の一種。小麦粉に牛乳や卵,砂糖などを加えてワッフル型で焼いてつくる。柏餅のような形に2つに折り,中にジャムやクリームをはさむ。西洋ではホットケーキやパンケーキと同様熱いうちに食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ワッフル」の解説

ワッフル

小麦粉を鶏卵,牛乳などで柔らかく溶き,楕円形のワッフル型に流し入れて焼いたもの。バター,クリーム,ジャムなどをつけたり,二つ折りに包みこんだりして食べる。
→関連項目パンケーキ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ワッフル」の解説

ワッフル

〘名〙 (waffle) パンケーキの一種。小麦粉に卵、砂糖、牛乳などを加えてやわらかく溶き、型で焼いたもの。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「菓子が有りますな、ワッフル」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ワッフル」の解説

ワッフル(waffle)

卵黄・砂糖・牛乳をかきまぜて小麦粉・膨らし粉を加え、型に入れて焼いた洋菓子。バター・ジャムなどを挟んで二つ折りにしたりする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「ワッフル」の解説

ワッフル

 コムギ粉,ベーキングパウダー,砂糖,卵黄,牛乳,バターなどを混ぜて鉄板にはさんで焼いたパンケーキの一種.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ワッフル」の解説

ワッフル【waffle】

洋菓子の名。フランスではゴーフルgaufreという。日本では小麦粉にベーキングパウダー,卵,砂糖,はちみつ,牛乳などを加えた生地を,ワッフル型(浮彫模様のある木の葉型の鉄板)で柔らかく焼いたものを指す。二つ折りまたは二枚重ねにしてジャムやクリームをはさむ。欧米では,砂糖の入らない生地を,上下対になり,格子模様などのついた鉄板にはさんで,長方形やハート型などに薄くカリッと焼いたものを指す。バターやジャムなどをつけたり砂糖をふりかけて朝食や軽食,またおやつとして食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のワッフルの言及

【洋菓子】より

…したがって,中世のヨーロッパでも,甘味料は依然としてはちみつと乾果が主であった。あらゆる文化の庇護(ひご)所であった修道院では,はちみつと小麦粉やライ麦粉を練り合わせて焼く菓子〈レープクーヘンLebkuchen〉,ミサに用いられるホスティア(聖餅)から生まれた〈ゴーフル〉(ワッフル)など,中世を通じての代表的な菓子が発達した。とくにレープクーヘンは,のちには多種多様な香辛料を加えるようになり,ヨーロッパ各地で盛んに作られた。…

※「ワッフル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android