コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワヒド Wahid, Abdurrahman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワヒド
Wahid, Abdurrahman

[生]1940.9.7. オランダ領東インド,ジョンバン
[没]2009.12.30. インドネシア,ジャカルタ
インドネシアの政治家,宗教指導者。愛称 Gus Dur。祖父はインドネシア最大のイスラム組織ナフダトル・ウラマ NUの創設者,父はスカルノ政権の初代宗教大臣。故郷ジョンバンのプサントレン(イスラム寄宿学校)などでコーランを学んだ。その後,エジプトアズハル大学を経てイラクのバグダード大学に留学し,宗教に関する著述で注目を浴び始めた。1960年代末に帰国して学者として過ごしていたが,1984年に NUの議長に就任。それまで NUはイスラム系政党開発統一党に属していたが脱退し,社会活動や教育活動に重点を置いた。NUの長として宗教や政治の融和に尽力した功績により,1993年マグサイサイ賞を受賞。1994年世界宗教者平和会議 WCRP議長就任。スハルト政権崩壊後の混乱期の 1999年6月,みずからが結成した国民覚醒党を率いて総選挙に参加して第4党につけ,10月にインドネシア国民協議会 MPRで行なわれた大統領選挙で第1党,闘争民主党の党首メガワティ・スカルノプトリを破り,インドネシア第4代大統領に選出された。しかし国内で頻発する宗教抗争,民族紛争を抑えられず,たび重なる閣僚の更迭や自身の不正疑惑で国民の不信を招き,2001年7月 MPRにより罷免された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワヒド

インドネシアの政治家・イスラム教指導者。イスラム指導者(ウラマー)の家系に生まれる。エジプトのアズハル大学やイラクのバグダッド大学でイスラム法を学ぶが西欧的な教養も身につけ,寛容な知性の持ち主として知られた。1984年インドネシア最大のイスラム組織ナフダトゥル・ウラマーの議長に就任。1998年スハルト政権崩壊の後,ナフダトゥル・ウラマーを支持基盤として国民覚醒党を結成して,メガワティの闘争民主党と協力関係を結び,総選挙で闘争民主党第一党,国民覚醒党は第三党ながら,インドネシア第4代大統領に就任した。2001年,連立与党の政策不一致,自身の健康問題などによって大統領を罷免された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ワヒドの関連キーワードメガワティ・スカルノプトリスシロ・バンバン ユドヨノ東南アジア史(年表)ウダイヤのカスバインドネシア史インドシナ問題スハルト体制ユドヨノ政権ユスフ カラアチェ紛争8月4日ユドヨノ

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワヒドの関連情報