コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワリー ワリーWalī, Muḥammad

6件 の用語解説(ワリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワリー
ワリー
Walī, Muḥammad

[生]1667. アウランガーバード
[没]1707?
インドウルドゥー語の詩人。 1700年にデリーを訪問し,当時ペルシア詩を中心としていた詩壇に流麗なウルドゥー抒情詩を紹介した。ウルドゥー詩の父と称される。生涯についてはわからない部分が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワリー
ワリー
Walī

アラビア語の語義は,保護者,後見人,親類,仲間などであるが,特にイスラム神秘主義で,「聖人」「隠者」などの称号として使用される。この「聖人」の定義,資格,能力などについては,地域,民族の間でさまざまである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ワリー

インドの初期ウルドゥー語の詩人。ペルシア語詩が中心であったデリーにウルドゥー語の抒情詩を紹介し,以後ウルドゥー詩が徐々に主流となり,〈ウルドゥー詩の師〉と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワリー【Valī Muhammad】

1667?‐1707?
インドの詩人。ウルドゥー文学史初期の詩人として最も大きな評価を得ているが,その生涯と作品にいくつか不明な点がある。デカンのアウランガーバード出身とされている彼は,20歳のときにグジャラートアフマダーバードに移住しスーフィーの修道場に入り,ダッキニー・ウルドゥー語の詩作も始めた。1700年にワリーはデリーにのぼったが,彼のデリー訪問はウルドゥー韻文文学の発達史上に最も重要なできごととなった。当時のデリーの詩人たちはもっぱらペルシア語で詩作していたが,ワリーは彼らにペルシア詩の要素を盛り込んだウルドゥー語の抒情詩を紹介して大きな衝撃を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワリー
わりー
Wal
(1667?―1707?)

インドの詩人。デカンのアウランガーバードに生まれる。ダキニー(ダカニー)とよばれるデカン・ウルドゥー語の代表的な詩人で、1700年にデリーを訪問しダキニーによる詩を発表、当時もっぱらペルシア語で詩作をしていたデリーの詩人たちに強い衝撃を与えた。この結果それまで単に市井の話しことばにすぎないと考えられていたウルドゥー語が、詩作に用いられるようになり、やがてデリーを中心にウルドゥー詩の全盛期を迎えることになった。ワリーの詩は美への賞賛を主題とし、全体にみなぎる明るさと、平易な比喩(ひゆ)などを特徴としている。『ワリー詩全集』(1927)など数冊の詩集が出版されている。[鈴木 斌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワリーの関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門浅野長矩江島其磧失楽園奈良利寿ブレダベルヌーイ間部詮房童話集

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワリーの関連情報